[ 2003年03月15日戦 戦績発表 ]

game name : ヒット  [ CARD ]
1位 2位 3位 4位 5位
1回目
るてんしと
19点

Kei
12点

太郎
12点

ムイラス
10点

かゆかゆ
0点

game name : バン!  [ CARD ]
勝ち 勝ち 勝ち 負け 負け 負け
1回目
かゆかゆ
アウトロー

ごおすと
アウトロー

るてんしと
アウトロー

Kei
保安官

太郎
背信者

ムイラス
保安官助手
勝ち 勝ち 負け 負け 負け 負け
2回目
Kei
保安官助手

ごおすと
保安官

かゆかゆ
アウトロー

太郎
背信者

ムイラス
助手

るてんしと
アウトロー

game name : シュラウメン  [ CARD ]
1位 2位 3位 4位 5位 6位
1回目
Kei
15点

ムイラス
10点

かゆかゆ
5点

ごおすと
5点

るてんしと
4点

太郎
0点

game name : 操り人形(米国版)  [ CARD ]
1位 2位 3位 4位 5位 6位
1回目
るてんしと
31点

かゆかゆ
24点

ごおすと
22点

太郎
21点

Kei
17点

ムイラス
14点



● 総評 ●

全員:「ぐはーっ、バン!って1周で終わったよ! これじゃあんまりなんでもう1回やりましょう」

 というわけで、よく見ると全部カードゲームの日でした。


ヒット

 暗殺者殺しまくりゲーム。みんな口をそろえて言うのは「こんな危険な町に住みたくないよ~!」

 というわけで、珍しく自分のデザインしたゲームで勝ちました。子供の頃から、自分がデザインしたゲームの勝率はなぜか低いので、勝てると嬉しいです。


バン!

 早いと一手番も周ってこない内に終わるゲームなんだということが分かりました。プレイ時間が読めない(^^;

 大味だけど面白いゲームでした。緻密に勝つというよりは、ノリを楽しむゲームだなと思います。


シュラウメン

 カードにルールが書かれており、どんどんルールが提示されていくゲーム。効果が分からないカードに対し、親の提示する金額だけを頼りに競りをおこなう不思議なゲーム。

 プレイ前は「これって、ゲームとして成立しているのか?」とみんな言っていたのですが、ゲームが終わった後、「カードの効果を知っていれば、成立するね」と感想を。

 「この状態で、この金額を親が提示するということは、あのカードか」と分かってはじめて色々と考える余地が生まれてきます。

 ルールのコンボの使い方を、いまいち把握していなかったために勝利を逃しました。以下、ゲームが終わった後のかゆかゆさんとのやり取り。

「柳井さん、勝ててたでしょう」

「ええ、カードの使い方を間違っていました」

 悔しい敗北でした。


操り人形(米国版)

 暗殺者と国王を、米国版の新キャラに変えてのプレイ。かゆかゆさんいわく「この2キャラを変えると、ゲームのバランスがよくなります。他の新キャラはちょっと……」。なるほど、確かにゲームのバランスがよくなりました。

 操り人形は、あまり勝った記憶がなかったのですが、今日は勝ちました。

 私が建築家を取ったら勝ちの状況で、誰も建築家を止めに来なかったのであっさりと勝利。おいしい勝ちを頂きました。ごちそうさまです。



<K.G.B.のTOPへ戻る>

Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。