[ 2003年07月05日戦 戦績発表 ]

game name : ピッグパイル  [ CARD ]
1位 2位 2位 3位 5位 5位
1回目
るてんしと
5

ごおすと
3

ムイラス
3

datura
2

ヘニング
1

よーいち
1

game name : うたりかたり  [ CARD ]
1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位
1回目
るてんしと
70

せりあど
66

ムイラス
59

よーいち
53

ごおすと
43

datura
32

ヘニング
27

game name : カタンの開拓者たち  [ BOARD ]
1位 2位 3位 4位
1回目
よーいち
10

せりあど
8

ごおすと
7

datura
4

game name : チェンジ  [ CARD ]
1位 2位 3位 4位
1回目
よーいち
13

datura
11

ごおすと
5

せりあど
5
2回目
ごおすと
21

よーいち
13

せりあど
10

datura
8
3回目
せりあど
19

datura
14

よーいち
11

ごおすと
2

game name : エルフェンランド  [ BOARD ]
1位 2位 2位 4位 5位
1回目
るてんしと
19

ヘニング
18

ムイラス
18

りんちゅ
16

さとみ
14

game name : ミッドナイト・パーティー  [ BOARD ]
1位 2位 3位 4位 5位
1回目
よーいち
-17

ごおすと
-21

るてんしと
-28

さとみ
-39

りんちゅ
-54

game name : ブラフ  [ BOARD ]
1位 2位 4位 4位 5位
1回目
さとみ

ごおすと

よーいち

るてんしと

りんちゅ

game name : ラー  [ BOARD ]
1位 2位 3位 4位
1回目
ヘニング
30

ムイラス
27

せりあど
17

datura
10

game name : コロレット  [ CARD ]
1位 1位 3位 4位 4位
1回目
ごおすと
27

りんちゅ
27

るてんしと
24

さとみ
22

よーいち
22

game name : デモクレイジー  [ CARD ]
1位 2位 2位 2位 2位 6位 6位 8位
1回目
るてんしと
7

さとみ
6

ヘニング
6

ムイラス
6

りんちゅ
6

ごおすと
5

せりあど
5

datura
4

game name : バサリ  [ BOARD ]
1位 2位 3位 3位
1回目
りんちゅ
83

ムイラス
66

さとみ
47

せりあど
47

game name : デモクレイジー  [ CARD ]
1位 2位 3位 4位
2回目
さとみ
17

りんちゅ
16

せりあど
13

ムイラス
11

game name : 建築家の競争  [ BOARD ]
1位 2位 3位 4位
1回目
るてんしと
53

ごおすと
40

ヘニング
36

datura
35



● 総評 ●

るてん:「今日は初参加が3人もいます。その中でも一番遠くから来たのは、ドイツから来たヘニングさんです」

全員:「おお~」

 というわけで、初参加が多い&参加人数が多い割には、狭苦しい私の自宅でのゲーム会でした。すみませんでした。


ピッグパイル

 得点を表わすブタのコマがよく出来ていました。微妙に柔らかくて触感もよし。ゲームより、コマの方で盛りあがりました。


うたりかたり

 なんか勝っていますね。自分の得点を少しでも上げるために、延々とゲーム終了を引き伸ばしていた記憶だけがあります。


エルフェンランド

 的確に私の通り道に違う物を置かれまくったのですが、周りの点数が高くなかったためにどうにか勝利。


ミッドナイト・パーティー

 りんちゅさんの瞬殺(され)っぷりが凄かったです。


コロレット

 よく出来たゲームなのですが、微妙に盛り上がりが足りない気が。他のサイトの評判がいいので、私の個人的感想を書いても大丈夫だと思うので書きますが、感情のダイナミックレンジが狭い気がしました。ゲームが終了するまで、感情が振れる場所がほとんどないので、脳みそフル稼動させない人は暇そうな気がしました。


デモクレイジー

 8人でやらない方がよかったみたいです。後で4人で遊んだ方々の感想は「普通に面白かった」と。やはり、最適人数は重要です。


建築家の競争

 ヘニングさんが持ってきたゲーム。中世ヨーロッパで、教会や塔、市場などの都市のパーツを集めて、美しくて機能的な街を作って行くゲーム。きれいな絵柄のよいゲームでした。

 ゲームの根幹は競りゲームなのですが、手持ちのお金の補充にサイコロというランダム要素が入るために、それほどカツカツとした計算をしないでいいのが、個人的にはよかったです。これなら競りゲームが苦手な人でも、気楽に楽しむことができます。

 結果は私が勝ちましたが、一手違いでdaturaさんが勝っていたかもという展開でした。


 お腹いっぱいになるまで楽しみました。



<K.G.B.のTOPへ戻る>

Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。