メニュー領域:操作

ブロック リスト

 2個以上の改行で区切られた「ブロック」のリストを表示します。

 デフォルトのショートカット「Ctrl+B」を使うとよいでしょう。

ブロック上移動

 2個以上の改行で区切られた「ブロック」を、上に移動します。

 デフォルトのショートカット「Ctrl+PageUp」を使うとよいでしょう。

ブロック下移動

 2個以上の改行で区切られた「ブロック」を、下に移動します。

 デフォルトのショートカット「Ctrl+PageDown」を使うとよいでしょう。


最終編集位置に移動

 編集領域の最終編集位置に移動します。

 デフォルトのショートカット「F2」を使うとよいでしょう。

選択文字列に移動

 表示領域で選択した文字列を検索して、編集領域で選択します。

 ある程度の長さを選択して、ショートカットを使うことで、表示領域で現在確認している場所に、一瞬で飛ぶことができます。

 デフォルトのショートカット「Ctrl+Q」を使うとよいでしょう。


検索

 検索ダイアログを開きます。

 デフォルトのショートカット「Ctrl+F」を使うとよいでしょう。

検索上移動

 上向きに検索して、最初に見つかった場所に移動します。

 デフォルトのショートカット「Shift+F3」を使うとよいでしょう。

検索下移動

 下向きに検索して、最初に見つかった場所に移動します。

 デフォルトのショートカット「F3」を使うとよいでしょう。


全て実行

 現在選択しているツールを実行します。対象は、[編集領域]の全ての文字列です。

ブロック実行

 現在選択しているツールを実行します。対象は、[編集領域]でカーソルがある、2個以上の改行で区切られた「ブロック」の文字列です。

選択範囲実行

 現在選択しているツールを実行します。対象は、[編集領域]で選択した文字列です。