● 2002.04.16(火)01 会社設立日誌 その1

 兼ねてからの予定通り、本日より会社立ち上げの準備を始めました。

 というわけで、余所ではあまりやっていないだろう「会社設立」に関する連載開始です。

 「実は俺も今、会社立ち上げをやっているんだ!」という方はあまりいないと思います。

 そんな方がたくさんこのサイトを見ているとすれば、それは非常に奇妙な現象です。というか奇妙すぎて怖いです。

 というわけで、日常生活であんまり参考にするような情報でもないとは思いますが、普段あまりやらないことをやっている人を観察するのはちょびっとだけ楽しいと思います。

 それでは、今日より開始した会社設立準備の諸々を書いて行こうと思います。


● まずはスケジュール

 まずは何事をおこなう場合も、スケジュールを作らなければ始まりません。本日夕方ぐらいから、会社設立までのスケジュールを作成していました。

 そして夜までにスケジュールを完成。必要書類の作成は夜遅くに完成しました。今日の日程はここまでです。1日は早かったです。

 本当はもっと早く終わる予定だったのですが、今朝魚を調理しているときに、右手の人差し指に魚のトゲがブスリと刺さってしまったため、マウスとキーボードがまともに使えず時間がかかってしまいました。

 どうも日頃の行いがよくないようです。


● どんな会社を作るの?

 世の中で会社と言えば、普通は「株式会社」「有限会社」を思い浮かべるものです。しかし、今回作る会社はこれらの会社ではありません。

 今回作る会社は「合資会社」です。株式、有限よりも一回り小さい会社になります。

「おいおい、金がないのかよ」

 そんな声がモニターの向こうから聞こえてきそうです。そうです、株式会社、有限会社の設立には資本金がある程度かかるということは、多くの方がご存知だと思います。株式会社が1000万円、有限会社が300万円です。

 まあ、このお金は完全に見せ金でして、世の中にはこの1000万円を融通して株式会社設立をバックアップするという商売もあります。相場は知らないのですが、以前見た所では30万円ぐらいのお値段でした。

「じゃあ合資会社はどれくらい資本金が必要なんだ?」

 誰もが疑問に思う所です。これがまあ不思議なものでして、資本金の規定は特にありません。簡単な話、1万円でもO.K.なわけです。「はいっ?」耳を疑う方もいらっしゃるでしょう。でもまあ、それがルールです。

 というわけで、会社だけ作るのはけっこう誰でもできることだったりします。

「こんな簡単に作れる会社なんて役に立つのか?」

 訝しがる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、個人事業主と違い合資会社は立派な法人です。そのため、個人お断りの商取引にも参加できるようになるのです。これはかなり大きい。何かちょっと仕事をやろうとしても、個人と法人では大違いだったりするのです。

 これは、1度会社から出てみると非常によく分かります。ともかく個人は不便なのです。不便極まりない。法人だと簡単に潜り込める所に、個人ではなかなか入れないのですから。


● 今後どういう連載になるの?

 私にもまだよく分かりません。何せまだ会社を作るのは1回目ですので。まあ、2個3個と会社を作って行くうちに玄人になると思います。しかし、現時点ではド素人です。紆余曲折しながら会社を立ち上げてみようと思います。

 まず手始めにやらないといけないことは「印鑑を作ること」と、「法務局に下調べに行くこと」です。

 「印鑑も持っていないのか!」と突っ込まれそうなのですが、普通の印鑑は持っています。ただし、実印は持っていません。今までの生活では必要ありませんでしたので。

 仕方なく、印鑑について勉強するために、先ほどまでネットで印鑑情報を物色していました。欧米みたいにサインだったら楽なのになあと思います。筆で花押を書いて終わりっていう風にしてくれればよかったのにと思います。

 というわけで、本当に手探りの連載なので、無事成功すればよいなあと思います。

 それでは次回に続く……。




<趣味ログニュース TOPに戻る>



<クロノス・クラウン TOPに戻る>




JPOP JPOPを全て見る 洋楽 洋楽を全て見る コンピューター コンピューターを全て見る 洋画 洋画を全て見る アニメ アニメを全て見る