バッチ処理可能な日本語読み上げソフト「読みトーク」公開


最終更新 2010/05/25

┣ リリース
 ┣ 概要
 ┣ 「読みトーク」とは?
 ┣ 本ソフトの特徴
 ┣ 本ソフトの利用の仕方
 ┣ 「読みトーク」まとめ
 ┣ 関連リンク
会社案内
連絡先
リリース一覧へ戻る


概要

● バッチ処理可能な日本語読み上げソフト「読みトーク」公開

ソフトウェア開発を行う、クロノス・クラウン合資会社(本社・横浜市、代表社員・柳井政和)は、2010年5月25日火曜日に、バッチ処理可能な日本語読み上げソフト「読みトーク」を、Webサイト上に公開いたしました。

□読みトーク
http://crocro.com/pc/soft/yomi_talk/index.html

□ クロノス・クラウン合資会社
http://crocro.com/



「読みトーク」とは?

日本語の文章から、読みを取得して、自動で読み上げるソフトです。読みには、アクセント位置などを推測して、自動で発話記号を付加します。

本ソフトは、コンソールアプリケーションとして動作する他に、非表示のソフトとしても動作します。

本ソフトは、スクリプトを読み込ませて、バッチ処理を行ったり、起動時の引数を利用して読み上げたりして、様々な方法で読み上げ処理を行うことができます。

また、本ソフトを利用した、サンプルソフトも同梱しています。サンプルソフトは、ソースコードを全て見ることができますので、読み上げ機能を利用する際の参考になります。



本ソフトの特徴

本ソフトは、日本語の音声読み上げを、他のソフトから簡単に利用するためのソフトです。

簡単なバッチ処理で、日本語の読み上げや、Wavファイル化、MP3ファイル化を行うことができます。



本ソフトの利用の仕方

サンプルとして、ウィンドウ アプリケーションを同梱しています。このサンプルはHTA製のために、ソースコードを全て見ることができます。

このソースを改造すれば、Webのデータを取得して読み上げるといったアプリケーションなどを簡単に作成することができます。

また、時報を読み上げたり、メールの着信などを音声で知らせたりといったこともできます。

元々は、弊社で開発を行っていた「ラジオ・ブラウザ」という、Webニュースを自動取得して読み上げるソフトの、音声読み上げ部分がベースになっています。

□ラジオ・ブラウザ
http://crocro.com/pc/soft/radio_browser/index.html

この読み上げ部分を、切り離して改良して、他のソフトからも利用できるようにしたのが、この「読みトーク」です。

本ソフトには、サンプルとして、HTA製のソフト、WSH製のソフトが同梱されています。これらは、JavaScriptでプログラムを書くことができます。

JavaScriptについては、弊社で「マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座」を開設しています。こちらで、JavaScriptの基礎から、HTAやWSH製アプリケーションの作成までを解説しています。こちらも参考にしてください。

□マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
http://crocro.com/write/manga_javascript/wiki.cgi



「読みトーク」まとめ

バッチ処理で、日本語音声を読み上げられる本ソフトは、様々な局面で利用できるソフトです。

また、HTAやWSHから本ソフトを利用するサンプルも同梱していますので、HTMLの知識とJavaScriptの知識がある人ならば、簡単に音声読み上げソフトを作成することができます。

クロノス・クラウンでは、今後も、楽しさと実用を兼ね備えたコンテンツや技術を提供していきます。

□読みトーク
http://crocro.com/pc/soft/yomi_talk/index.html



関連リンク

□読みトーク
http://crocro.com/pc/soft/yomi_talk/index.html

□ クロノス・クラウン合資会社
http://crocro.com/




Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。