[ 2002年12月07日戦 戦績発表 ]

game name : カルカソンヌ2  [ BOARD ]
1位 2位 3位 4位
1回目
Kei
82

もじもじ壱號
78

かゆかゆ
75

るてんしと
67

game name : X-Pash  [ CARD ]
1位 1位 3位 4位 5位
1回目
ケテル
137

るてんしと
137

Kei
133

かゆかゆ
132

もじもじ壱號
126

game name : アクワイア  [ BOARD ]
1位 2位 3位 4位 5位
1回目
もじもじ壱號
47500

るてんしと
43100

ケテル
42700

Kei
35400

かゆかゆ
20400



● 総評 ●

るてん:「アクワイアやりましょう、アクワイア」

全員:「いいですけど」

るてん:「大会以来、アクワイアを物凄くやりたいんです!」

 というわけで、アクワイアをプレイしました。

 とはいえ、本日一番のメインディッシュはカルカソンヌ2です。以下、ゲームの感想です。


カルカソンヌ2

 ルールの感想は、「正統派続編だ」でした。1で難しかったルールを分かりやすくシンプルにして洗練させて、その上で新しい要素が加えられていました。

 ごてごてとした拡張ではなく、「カルカソンヌとは何か?」という所を初心に戻って考え直し、要素を抽出した上での拡張という内容になっていました。非常に好印象。ゲーム自体も面白かったです。

 Keiさんの台詞「2があれば1はいらないですね」という言葉が印象的でした。でも、コンポーネントの絵が見辛いのは難点です。


X-Pash

 「X-Pash」は企業乗っ取りゲームでした。アクワイアとは違って、筆頭のみがお金を毎ターン得ることができます。特徴はとにかく企業の数が多いこと。5人でプレイしたら、25企業ぐらい立っている勢いのゲームでした。

 企業の乗っ取りをサイコロで行なうのもなかなかシュールです。

 かゆかゆさんの台詞「駄目だ、ゾロ目なんか出ない!」

 Keiさんの台詞「ゾロ目を出します。出ました」

 サイコロ運がモロに反映していました。最終的には同着1位になりました。


アクワイア

 最近のテーマは、序盤から中盤への株の移行です。言い方を変えれば、勝利に結びつく株の持ち方への移行です。まだまだ、ミスが多く、理想形も少し曖昧です。勉強せねば。



<K.G.B.のTOPへ戻る>

Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2019 Cronus Crown (c)1997-2019 Masakazu Yanai
ご意見・お問い合わせはサイト情報 弊社への連絡までお願いします
プライバシーポリシー