2001.10.19(金)02 ADSLへの道 その3

 本日ADSLが開通しませんでした。

 NTTだからこれは予想の範囲内なので、テレホーダイを解約していなかったのがせめてもの救いです。

 3時間ほどいろいろと設定や実験をした後、NTTのユーザーサポート担当者から聞いた台詞「どうも、モデムが壊れているみたいですね。月曜日に修理に伺います」は、私に満身の脱力感を覚えさせるに十分な破壊力を持っていました。

 やはりNTT・・・。というか、頼むからNTT、どうにかしてくれ。

 それでは以下、時系列に沿って本日のADSLへの道を書き連ねます。

 朝9時NTT工事担当者来訪。

 朝7時半に床についていた私は、眠い目をこすりながら起床。寝ぼけ眼で応対しながらADSL自体は開通。設定は自分でおこなうようにしていたので、工事担当者とは別離。そのまま泥のように布団に潜り込みました。

 昼12時半起床。

 鍋の残りを温めて朝食。そして2時ぐらいからADSLのセッティング開始。

 まずはCDを入れて通常のセットアップ。NTTの用意しているテスト用のサーバーに接続。

 あれ? 繋がらない。

 全てはそこから始まりました。マニュアルを再度精読し、CD付属のF.A.Q.も全て目を通し、設定をいろいろ試してみましたが接続できません。「E0040 接続中にタイムアウト」が表示され、うまくいきません。

 いろいろと試してみても駄目でしたので、「どうしてもうまく接続できない場合」という項目の「フレッツ接続ツールDUN」という接続ツールでも実験。これもうまくいきません。だいぶ鬱です。

 もう1度マニュアルとF.A.Q.を精読。でも解決せず。

 仕方ないユーザーサポートに電話をかけるか。

 ここまでで約2時間。だいぶ機嫌が悪くなっています。

 「フレッツADSLの開通のご案内」という用紙に「パソコン接続・設定等に関するお問い合わせ」というフリーダイヤルの電話番号があったのでかけてみました。

 20回ほどかけても繋がりません。

 仕方がないのでADSLの申し込みのときに利用した、営業用のフリーダイヤルに電話をかけました。ここは2回で繋がりました。

 開通しているはずだけどうまく繋がらない旨話し、こちらの設定と現状を告げ、解決方法を伺いました。

 10分ほどやりとりがあった後、「すみません。営業なんでこれ以上詳しくは分からないです」とギブアップ宣言。「接続・設定のユーザーサポートの番号には繋がらないんですが」とこちらの事情を説明すると、「私たちがかけても、いつも繋がらないので困っているんです」と。

 少しNTTの営業さんに同情しました。

 「根気よく電話をかけてください」と営業さんに励まされ、再度ユーザーサポートの電話にトライ。

 何とか繋がっても、誰も出てくれないのですが。10分間も・・・。

 その後、5分出てくれなかったらかけなおしという行為を3回ほど繰り返して、ようやくユーザーサポートに繋がりました。

 もう、不満を言う気力もありません。

 それから数分。ユーザーサポートの担当者と設定のやり取りをしているうちに、担当者が素っ頓狂な声を上げました。

 「えっ、LANのACTのランプがつきっぱなしなんですか? 普通は通信しているときだけ点滅するものなのですが。もしかして、モデムが壊れているのかもしれません」

 ・・・初期不良。

 初めてパソコンを買ったときも初期不良に悩まされたものです。散々分解し、結局初期不良と分かった後の脱力感は、そりゃあまあ凄まじいものでした。

 「あの、何とか私の手で直せないものなのでしょうか?」

 だいぶ弱腰に質問する私。

 担当者とマンツーマンでいろいろと設定を変えてみるものの、結局うまくいきませんでした。

 「じゃあ、月曜日にお伺いしますので」

 「何時ぐらいになりますか? せめて午前か午後かだけでも教えてください」

 「たぶん、午前には行けると思います」

 ここまでで3時間。まったく無駄な3時間でした。疲れました。

 今日は役所に行こうと思っていたのに、モデムの初期不良のせいでその予定も全てパーになってしまいました。

 やはりNTT。一筋縄ではいきません。頼むから動くモデムを送ってください。

 ADSLへの道は、思ったよりも険しく長いものになってきました。




<趣味ログニュース TOPに戻る>



<クロノス・クラウン TOPに戻る>




JPOP JPOPを全て見る 洋楽 洋楽を全て見る コンピューター コンピューターを全て見る 洋画 洋画を全て見る アニメ アニメを全て見る