クロクロ・ショップ

あの日僕は 120x120ドットの画面で シミュレーションRPG を作っていた

※ 本書は技術書ではなく、技術系エッセイ(回顧録)です。

 iモードの新規申し込み受付が2019年に終わりました。そのニュースを見た時、何か書きたくなりました。私は2003年にiアプリの開発に参戦しました。当時の1人のゲーム開発者の様子を、エッセイとしてまとめました。

詳細情報

※ 本書は技術書ではなく、技術系エッセイ(回顧録)です。

 iモードの新規申し込み受付が2019年に終わった。そのニュースを見た時、胸に込み上げてくるものがあった。

 2003年、著者はiモード向けのiアプリに参入して、シミュレーションRPGの開発を始めた。

 縦120ドット、横120ドットという狭小の画面。実行ファイル30KB、データ100KBという極小の容量。そうした厳しい条件の中で、初めての商業開発に挑み、ゲームを作っていく。

 これは、苦闘と苦難の歴史である。そして、滅び行く携帯電話ゲーム文化の足跡をしるす記録である。

目次

第1章 家庭用ゲーム機、パソコン、携帯電話
第2章 2003年3月
第3章 2003年4月
第4章 2003年5-7月
第5章 2003年8月
第6章 iアプリ開発に奔走した数年間
第7章 iアプリ開発をやめた理由
第8章 iアプリの経験と現在

プレビュー

 本のページのサンプルです。


QR コード

情報

著作権者 : 柳井 政和

Web Site : http://crocro.com/

This Page : https://crocro.com/shop/item/iappli_srpg_memory.html

埋め込み :

Twitter : ruten