マンガで分かるAndroid開発環境構築方法


2011/02/09 ページ作成
2012/01/25 最終更新
クロノス・クラウン合資会社
柳井政和
HP:http://crocro.com/
Twitter:http://twitter.com/ruten

はじめに

このマンガは、私が「2011/01/16のSwapSkillsの勉強会」用に作成した「[[Androidで動く HTMLとJavaScriptで作る電子書籍アプリ]]」という資料が元ネタになっています。

この資料から「Android開発環境構築」部分を抜き出して、16ページのマンガとして作成しました。

切っ掛けは、窓の杜に「WebブラウザーからAndroid向け電子書籍を制作できるサービス“Androbook”」という記事を書いたことです。この記事を書く際に、「16ページのマンガが欲しい、それも『コミPo!』で」と提案されたので、技術資料のマンガ化に取り組みました。

内容は、Androidでの開発を始めようと思っている人に有用なものです。このマンガを読みながら作業をしていけば、Androidの開発環境を構築することができます。また、単なる作業手順の羅列ではなく、マンガとしても楽しめるものにしています。

本マンガは、Web上で閲覧するだけでなく、電子書籍としてAndroidで閲覧することもできます。

Android Market : マンガで分かるAndroid開発環境構築方法



[PCからインストール]

このマンガを読んだ人が、マンガを楽しみながら有用な情報を吸収してもらえれえば、作者としては嬉しい限りです。


「マンガでわかるAndroidプログラミング」
100ページの書き下ろしマンガと、詳細なソースコードで、Androidプログラミングを解説する本を書きました。
Javaがある程度分かっていて、Android未経験の人向けの書籍です。こちらも手にとっていただければ幸いです。
秀和システムより発売。詳細情報


2012年12月19日時点での、最新の開発環境構築方法を別途まとめました。こちらを参考にしてください。Android開発環境構築2012年12月19日

マンガ






























































2012年12月19日時点での、最新の開発環境構築方法を別途まとめました。こちらを参考にしてください。Android開発環境構築2012年12月19日


「マンガでわかるAndroidプログラミング」
100ページの書き下ろしマンガと、詳細なソースコードで、Androidプログラミングを解説する本を書きました。
Javaがある程度分かっていて、Android未経験の人向けの書籍です。こちらも手にとっていただければ幸いです。
秀和システムより発売。詳細情報


マンガ台詞

先生: 先生: 女生徒: 女生徒:

【1Page】 マンガで分かる Android開発環境 構築方法

クロノス・クラウン合資会社 柳井政和 http://crocro.com/ http://twitter.com/ruten

──────────────────── 【2Page】 女生徒: やったわ アンドロイド 端末を 手に入れたわ

これで私も
時代の最先端

恐れるものは
アイフォン使い
ぐらいのものね

-- 先生: あまいな

君はまだ
真のアンドロイドを
知らない

-- 女生徒: あの…

誰ですか?

-- 先生: (くいっ)

(背後の何かを親指で指す)

-- 女生徒: (衝撃とともに その何かを見る)

──────────────────── 【3Page】 「看板」

人造人間養成学校

-- 先生: (得意げに) アンドロイド使いの

ための学校さ…

-- 先生: 君も今日から 人造人間に なれる!

そして私が
本校の校長
真心 改造だ
(得意気)

-- 女生徒: (携帯電話) すみません 警察ですか? 変質者がいます ええ学校の近くに 先生: おいおい ちょっと待て

──────────────────── 【4Page】 先生: (警察で事情聴取を 受けて戻ってきた)

…で
話の続きだが

-- 先生: 君は アンドロイドで アプリを作って

みたくはないか?

-- 女生徒:

(一呼吸考える)

-- 女生徒: これって 自分でアプリを 作れるんですか?

──────────────────── 【5Page】 先生: 作れる

基本的な
知識があれば
割と簡単に

-- その知識が ここで学べる のだよ!

「看板」
人造人間養成学校

-- 先生: というわけで

君は本校の
記念すべき
第一号生徒だ

-- 先生: それでは プログラム スタート!

──────────────────── 【6Page】 (教室 引き)

(ぱっ)

-- 女生徒: えっ (いつの間に

教室に?)

-- 先生: よし 席に着いたな 授業を始めるぞ

まずは必要な
ファイルの入手と
インストールだ

-- 先生: なんと 全て無料で 手に入る

(無料!)

-- 女生徒: うさん臭い ですね

最後に
高価な商品を
買わされるんじゃ
ないですか?

-- 先生: (ぎくっ) そんなことはない 全部無料だ

──────────────────── 【7Page】 先生: それじゃあ 3つの開発環境を 紹介する

これらを順に
ダウンロードして
インストールする

Javaの開発環境        → JDK
統合開発環境        → Eclipse
Androidの開発環境    → ADK

-- 先生: まずはJDKだ (JDK = Java開発環境)

 グーグルで
「JDK」と検索
 簡単に入手できる

-- 先生: 次はEclipseだ

「Eclipse 日本語化」
 で検索して3・5を導入する

-- 先生: 最後はADKだ (ADK = Android開発環境)

「Android SDK」で
 検索してゲットする

-- 女生徒: へー 簡単ですね 学校いらないじゃ ないですか

先生: 君 さらっと 私の存在意義を 否定するね

──────────────────── 【8Page】 先生: これで環境が できると思ったら 大間違いだ!

お前の
思い通りには
させないぞ!

-- 先生: 実は ここからが ちょっと 面倒なんだな

心が折れ
そうになる
ぐらい…
(orz)

-- 女生徒: 何がそんなに 面倒なんですか?

先生:

これだよ

-- Eclipseの設定

「ADT」プラグインの導入
「ADK」のパスを設定
「AVD」の作成

先生: というわけで 心の折れそうな 説明を開始するぞ

──────────────────── 【9Page】

【ADTプラグインの導入】

-- Eclipseを起動

([ヘルプ]から)
[新規ソフトウェアの
 インストール]を選択

-- (「ソフトウェア更新およびアドオン」ダイアログが開く) ([使用可能なソフトウェア]タブを選択)

[追加]をクリック

-- (「サイトの追加」ダイアログが開く)

([ロケーション]に
https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
と入力)

 URLを入力して
[OK]をクリック

失敗時は https を
http に変える

-- 先生: あとは指示に 従えばいい

背景
([Developer Tools][Android DDMS]
[Android 開発ツール]にチェックしておく)

──────────────────── 【10Page】 【ADKの パスを設定】

(メニューの[ウィンドウ]から)
[設定]を選択

-- [Android]の [参照]をクリック

[SDKロケーション]に
 ADKのパスを入力

-- 【AVDの作成】

(メニューの[ウィンドウ]から)
[Android SDK and
 AVD Manager]を選択

--

[新規]をクリック

-- 設定を記入して [Create AVD] をクリック

AVD = Android Virtual Device

──────────────────── 【11Page】 先生: ぜえぜえ 面倒だったが

これで完成だ

-- 女生徒: それで 私はどうすれば

いいんですか?

-- 先生: 作ったAVDを選び [開始]をクリックだ

エミュレータが
起動する

-- [Android SDK and

 AVD Manager]を選択

-- (AVDを選択) ([開始]ボタンをクリック)

カチッ!

-- (エミュレータ起動) 女生徒: わあ 何か現れたわ

──────────────────── 【12Page】 先生: これが アンドロイドの バーチャル デバイスだ

これがあれば
パソコン上で
アンドロイドの
動作を確かめたり
アプリを作ったり
できる

-- 先生: どうだ すごいだろう 女生徒: でも 先生が 作ったわけでは

ないですよね

-- 先生: (くっ) まあ

そうなんだが

-- 女生徒: これで全て

終わりなんですか?

-- 先生: (ニヤリ)

──────────────────── 【13Page】 先生: あと

もう少しだ

-- 先生: アプリを 作る前に 2つだけ おまじないを

しておこう

-- 女生徒: おまじない?

(首を傾げる)

-- 先生: そうだ

──────────────────── 【14Page】 先生: まずは エディタの 文字コードを

UTF8にする

-- (メニューの[ウィンドウ]から)

[設定]を選択

-- [一般]の [ワークスペース] を選択して

[エンコード]の
[その他]で
[UTF8]を選択

-- 先生: 次はパスの

追加だ

-- システムのプロパティ ダイアログを開き [詳細設定]を選択

スタートメニュー
→コントロールパネル
→システム
→システムの詳細設定

-- [環境変数]をクリックして ユーザー環境変数のPATHを 選択して[編集]をクリック

(「PATH」がなければ
「新規」で追加)

──────────────────── 【15Page】 変数の末尾に 2つのパスを追加

;~\android-sdk\platform-tools
;~\android-sdk\tools
(~は任意のパス)

-- 先生: この時注意が必要だ 区切り文字「;」を 忘れないでくれ

これがないと
他のソフトが
誤作動する
恐れがある

-- 先生: これで アンドロイドの 開発環境はできた

おめでとう
君はアンドロイドで
自由にアプリを
作れるように
なった!

-- 女生徒: あとは プログラムを 書けばいいん

ですか?

-- 先生: そうだ ここからは プログラムが 必要なんだよ

(くくくっ
導入は無料で
ここからが
この学校の
商売なのだよ)

──────────────────── 【16Page】 女生徒: ダダダダダダ……

(打鍵音)

-- 女生徒: できました アプリ 先生:

あがっ…

-- 先生:

き 君は…

-- 女生徒: 通りすがりの 女子高生 プログラマー

です

-- 女生徒: それじゃあ ありがとう ございました

(ニコッ)

-- 先生: こ これじゃあ 教え損だ~~!

本日の儲け
0円なり
Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。