● 本のお話 ●

● 2008.05.02(金)02 「エマ」10巻(森 薫)

先週末に「エマ」10巻(外伝3巻)が届きました。というわけで、何度か読みましたので、恒例となった「エマ」の感想を書きます。

既刊の感想については、過去の感想をご覧下さい。


「エマ」9巻(森 薫)

● マンガの感想

さて、恒例のマンガについての感想です。

まず最初に、この巻に収録されている各話を掲載します。

  • 第十三話 自転車
  • 第十四話 アデーレの幸せ
  • 第十五話 規律
  • 第十六話 後日
  • 第十七話 いつまでも愉しき日々
  • 第十八話 新しい時代(前編)
  • 第十九話 新しい時代(中編)
  • 最 終 話 新しい時代(後編)
  • あとがき

読む前に、どんな感想を書くべきかなと思っていたのですが、読み始めて「新しい時代」の最初の1ページ目を見た瞬間に、そういった考えは吹き飛びました。

「新しい時代」の最初の1ページ目を見た瞬間に「ああ」とため息が漏れました。作者のやる気と愛がこれでもかと伝わってきて、ページが輝いていましたので。

ページを開いた瞬間に手が止まりました。そしてその素晴らしさは、それ以降のページでも続きました。

線に何とも言えない艶があり、ページがきらきらと輝いている。話としては単に結婚式の流れを書いているだけなのに、思わず涙が浮かんでくる。

この話が書けただけでも、外伝を数巻にわたって書き続けた意味があったなと思いました。

物語がどうこうとか、コマ割がどうこうとかでなく、ともかく絵が輝いている。良質の絵画を見た時のような感動が伝わってくる。

非常によいマンガでした。森薫の全身全霊が伝わってくる話でした。


それにしても、この話でいきなり絵のクオリティが数段上がったのには驚きました。気合いが入っていたというのもあるのでしょうが、他の話から数年の差が開いているぐらいにレベルが違います。

全話をこのレベルで描ければ最強だなと思いました。


ちなみに、読む前に考えていたことは、1つの連載中にこれだけ成長したマンガ家の場合、最初の頃との落差が凄いなということです。

マンガではよくあることなのですが、連載最後のクオリティで最初から書き直したくなったりしないのかなと思いました。


● その他の感想

「規律」がよく出来ていました。エマの外伝というくくりでなく、単体の短編として扱える出来でした。

あとは「アデーレの幸せ」が個人的によかったです。アデーレの方ではなく、マリアの方が。


● まとめ

ともかく「新しい時代」の出来がずば抜けてよかったので、感想はそれに尽きます。

次の連載も非常に期待しています。


● アンケート

今回は、アンケートハガキが入っていました。手書きアンケートです。次回作の希望もありましたので答えておきます。

Q1.どのお話が良かったですか?

「新しい時代」です。

Q2.次回作と期待するものに○を付けて下さい

1.海底300米

他に伝えたい事があったら何でも書いてね

新作が早く読みたいです。


というわけで、漫画を読んだ感想は以上です。


● 参考リンク

cover
エマ 10巻(森 薫)(amazon)


cover
エマ 9巻(森 薫)(amazon)


cover
エマ 8巻 森 薫(amazon)


cover
エマ 8巻(DVD付特装版) 森 薫(amazon)


cover
エマ 7巻 森 薫(amazon)


cover
エマ 6巻 森 薫(amazon)


cover
エマ 5巻 森 薫(amazon)


cover
エマ 4巻 森 薫(amazon)


cover
エマ 3巻 森 薫(amazon)


cover
エマヴィクトリアンガイド 森 薫 (著), 村上 リコ (著)(amazon)


cover
エマ 2巻 森 薫(amazon)


cover
エマ 1巻 森 薫(amazon)


cover
シャーリー 森 薫(amazon)


ビーム公式

エマ 1巻 感想

エマ 2巻 感想

エマ 3巻 感想

エマ 4巻 感想

エマ 5巻 感想

エマ 6巻 感想

エマ 7巻 感想

エマ 8巻 感想

エマ 9巻 感想


Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。