webAi.JpKw - リファレンス

説明

Web AI」は、クロノス・クラウンの柳井政和が開発しているJavaScirptのライブラリです。「Web AI」を使うと、Web上からデータを取得して構築するWebページを、とても簡単に構築することができます。

「Web AI」は、Webからの検索結果やフィードの取得、短縮URLへのURLの変換、日本語文章からのキーワードや文章抽出、日本語文章のマルコフ連鎖、クエリーの管理などの機能を備えています。

このページでは、この「Web AI」のファイルの1つである「crocro.webAi.JpKw.js」のリファレンスを掲載します。このリファレンスは、クロノス・クラウン 柳井政和開発の「easyJsDoc」で作成しています。

リファレンス

publiccrocro.webAi.JpKw(arg)日本語キーワード
publicJpKw.avoidStr無視文字列
publicJpKw.bsUrl基準URL
publicJpKw.outMax描画キーワード最大数
publicJpKw.kwLenMinキーワード文字数最小値
publicJpKw.kwLenMidキーワード文字数中央値
publicJpKw.reset()リセット
publicJpKw.addSrc(str)入力文字列の追加
publicJpKw.getKwArr()キーワード配列の取得
publicJpKw.getStrArr(arg)キーワード配列を文字列配列に変換して取得
publicJpKw.kwArrToStrArr(kwArr, prmAll)キーワード配列を文字列配列に変換
publicJpKw.outKw(eleId, arg)キーワードの出力
publicJpKw.makeLink(kwObj, arg)リンク文字列の作成
publicJpKw.getKeyWord(srcStr)キーワードの取得
publicJpKw.srtKwPnt(a, b)ソート(評価ポイント順)
public
crocro.webAi.JpKw(arg)
日本語キーワード
Webから取得した雑多な日本語から、キーワードを抽出するオブジェクト。newで初期化してから利用する。

引数は連想配列で設定する。例){~: "~", …}

param   arg.avoidStr  無視文字列(,単語1,単語2,...,)
param   arg.bsUrl     基準URL
param   arg.outMax    描画キーワード最大数
param   arg.kwLenMin  キーワード文字数最小値
param   arg.kwLenMid  キーワード文字数中央値
public
JpKw.avoidStr
無視文字列
無視文字列(単語1,単語2,...)。

デフォルトは空文字。
public
JpKw.bsUrl
基準URL
HTML化出力時の基準URL。

デフォルトは「?q=」。
public
JpKw.outMax
描画キーワード最大数
出力時の最大キーワード数。

デフォルトは「20」。
public
JpKw.kwLenMin
キーワード文字数最小値
キーワードとして認識する文字数の最小値。

デフォルトは「2」。
public
JpKw.kwLenMid
キーワード文字数中央値
キーワードの標準的な文字長を規定する。

デフォルトは「4」。
public
JpKw.reset()
リセット
内容をリセットしてメモリを解放する。設定はそのまま維持する。

return  なし
public
JpKw.addSrc(str)
入力文字列の追加
キーワード抽出用の入力文字列を追加する。文字列は半角スペースで連結する。

param   str  追加する文字列。
return  なし
public
JpKw.getKwArr()
キーワード配列の取得
入力した文字列を元に、キーワード配列を作成する。

return  キーワード配列
public
JpKw.getStrArr(arg)
キーワード配列を文字列配列に変換して取得
入力した文字列を元に、キーワード配列を作成する。

param   arg.prmAll  値を全て戻すか。falseなら文字列のみを戻す。デフォルトはfalse。
return  文字列配列
public
JpKw.kwArrToStrArr(kwArr, prmAll)
キーワード配列を文字列配列に変換
入力した文字列を元に、キーワード配列を作成する。

param   kwArr   キーワード配列。
param   prmAll  値を全て戻すか(trueかfalse)。falseなら文字列のみを戻す。
return  文字列配列
public
JpKw.outKw(eleId, arg)
キーワードの出力
指定エレメントIDに、キーワードのリストを出力する。

param   eleId       エレメントIDを指定。
param   arg.clsNm   クラス名。
param   arg.wrpFnc  要素の装飾用関数。
return  なし
public
JpKw.makeLink(kwObj, arg)
リンク文字列の作成
キーワードから、リンク文字列を作成する。

param   kwObj  キーワード
return  リンクのHTML文字列
public
JpKw.getKeyWord(srcStr)
キーワードの取得
日本語文字列から、キーワードを抽出する。

param   srcStr  入力文字列。
return  なし
public
JpKw.srtKwPnt(a, b)
ソート(評価ポイント順)
キーワード配列を、評価ポイント順に並べ替えるためのソート用の比較子。
Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。