webAi.JpSntnc - リファレンス

説明

Web AI」は、クロノス・クラウンの柳井政和が開発しているJavaScirptのライブラリです。「Web AI」を使うと、Web上からデータを取得して構築するWebページを、とても簡単に構築することができます。

「Web AI」は、Webからの検索結果やフィードの取得、短縮URLへのURLの変換、日本語文章からのキーワードや文章抽出、日本語文章のマルコフ連鎖、クエリーの管理などの機能を備えています。

このページでは、この「Web AI」のファイルの1つである「crocro.webAi.JpSntnc.js」のリファレンスを掲載します。このリファレンスは、クロノス・クラウン 柳井政和開発の「easyJsDoc」で作成しています。

リファレンス

publiccrocro.webAi.JpSntnc(arg)日本語センテンス
publicJpSntnc.reset()文章のリセット
publicJpSntnc.addSntnc(src)文章の追加
publicJpSntnc.getSntncArr(arg)抽出文章配列の取得
publicJpSntnc.mkSntncArr(src, arg)文章の抽出
publicJpSntnc.sortLong(srcArr)長い順にソート
publicJpSntnc.sortLen(srcArr, tgtLen)指定文字列長でソート
publicJpSntnc.prfrdStr(srcStr)文章の校正
public
crocro.webAi.JpSntnc(arg)
日本語センテンス
Webから取得した雑多な日本語から、有効なセンテンスを抽出するオブジェクト。newで初期化してから利用する。
public
JpSntnc.reset()
文章のリセット
文章をリセットする。

return  なし
public
JpSntnc.addSntnc(src)
文章の追加
文章を追加する。

param   src  文字列、もしくは文字列配列。
return  なし。
public
JpSntnc.getSntncArr(arg)
抽出文章配列の取得
内部にためた文章から、文章の配列を抽出して戻す。

param   arg.usePrfrd  校正の使用の有無(true/false)。
return  文章の配列。
public
JpSntnc.mkSntncArr(src, arg)
文章の抽出
引数の文字列、もしくは配列から、文章の配列を抽出して戻す。

param   src           文字列、もしくは文字列配列。
param   arg.usePrfrd  校正の使用の有無(true/false)。デフォルトはtrue。
return  文章の配列。
public
JpSntnc.sortLong(srcArr)
長い順にソート
長い順にソートを行う。元の配列はソートされない。

param   srcArr  文字列配列。
return  ソート後の配列。
public
JpSntnc.sortLen(srcArr, tgtLen)
指定文字列長でソート
指定文字列に近いものから順番にソートを行う。元の配列を複製してから使用するので、元の配列はソートされない。

param   srcArr  文字列配列。
param   tgtLen  対象文字列長。
return  ソート後の配列。
public
JpSntnc.prfrdStr(srcStr)
文章の校正
文章を校正して戻す。

param   srcStr  文字列。
return  校正した文章
Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。