クロノス・クラウン - 記事検索

クロクロ ショップ 本、ゲーム、同人誌他を販売
クロクロ ツールズ 便利なWebアプリを多数収録
ソフトウェア
めもりーくりーなー Winのメモリーをお掃除するソフト
Novel Supporter 小説推敲補助ソフト
PCソフト 便利なソフトを多数公開
Webサービス 便利で楽しいサービス多数
レトロゲームファクトリー レトロゲーム移植会社のお仕事小説
#電書ハック 電子書籍編集部のお仕事小説
顔貌売人 IT系ミステリ
裏切りのプログラム IT系ミステリ
ゲーム
Little Bit War Switch向け高速RTS
TinyWar high-speed 1ステージ数分の8bit風RTS
EX リバーシ 変形盤面、ステージ多数
PuzzleAndGame.com ブラウザで遊べるパズルやゲーム
同人活動
るてんのお部屋 コミケなどで活動(DL販売
no link
2004年09月01日 03:17:22
 最近思うこと。
「口語は冗長性のアルゴリズムで、文語は圧縮のアルゴリズムで成り立っている」
 言い回しは特にそうで、口語だと文末が冗長になり、文語では切れ味が鋭くなる。
 口語が冗長になるのは、デジタルの通信と同じで、冗長性がある程度ないと、コミュニケーションエラーが生じてしまうからである。そして、通信の同期を取るために、相槌を打ったり、ええと、などの意味のない言葉を入れる必要がある。つまり、口語はコミュニケーションをするための言語で、そのためのルールが言語の大きな部分を支配している。
 対して文語は、読解の経済性を維持するために、口語のような冗長性を排除する必要がある。データ圧縮のアルゴリズムで、繰り返し出てくる部分を圧縮してデータ量を削るように、文語文章では、同じ意味を表わしている部分を極力削ぎ落とし、簡潔な表現にしていく必要がある。文語は、双方向コミュニケーションではないので、冗長性は読解の妨げにしかならない。
 口語と文語は違うということを改めて考えると、普段書いている自分の文章が口語なのに驚いてしまう。文章を書くときも口語を使って書いていることがほとんどで、まともな文語は使っていない。口語を文字に写しているだけで、文語を書いているわけではない。
 現代の日本語では、近代の多くの人の努力の結果、口語と文語の距離がだいぶ近くなっている。そのため、自分が口語を使っているのか、文語を使っているのか気付かずに文章を書いてしまう。
 特に最近はメール文化となり、これまでの文語の流れではなく、口語から新たに派生したメール文化圏の文語もできている。なかなかに、口語と文語の世界も奥が深いと思う。
最新20件 (全て見る)

柳井が執筆した本や商品 (全て見る

マンガでわかるJavaScriptのPromise
JavaScriptのPromiseをマンガで解説。無料。
レトロ風RPG 全コード
JSのレトロゲーム風RPGの全コードを掲載&解説。
タワーディフェンス 全コード
JSのタワーディフェンスの全コードを掲載&解説。
レトロゲームファクトリー
過去のゲームを最新機用に移植する会社のお仕事小説。新潮社より発売中。
#電書ハック
電子書籍編集部のお仕事小説。文藝春秋より発売中。
顔貌売人 ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
シリーズ第2弾。文藝春秋より発売中。
裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
松本清張賞の最終候補に残った拙作小説(デビュー作)。

サイト目次

PCソフト/Webアプリ/ゲーム

記事/マンガ

柳井の同人活動

開発

携帯・スマホ

アナログ・ゲーム

Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2022 Cronus Crown (c)1997-2022 Masakazu Yanai
ご意見・お問い合わせはサイト情報 弊社への連絡までお願いします
プライバシーポリシー