めもりーくりーなー Winのメモリーをお掃除するソフト
 
小説推敲補助ソフト「Novel Supporter
 
PCソフト 便利なソフトを100本近く公開
 
Webサービス 便利で楽しいサービス多数
『ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』シリーズ
1. 裏切りのプログラム 2. 顔貌売人
PuzzleAndGame.com ブラウザで遊べるパズルやゲーム
 
同人活動
るてんのお部屋 コミケなどで活動(DL販売

クロクロ ショップ 本、ゲーム、同人誌他を販売
 

クロクロ ツールズ 便利なWebアプリを多数収録
読み物
映画感想他 約800件
大人の社会科見学他 約30件
 

「お〜い!竜馬」の残酷性

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091934013/cronuscrown-22
2005/03/10(木) 00:20:35
 武田鉄也原作、小山ゆう漫画の「お〜い!竜馬」が最近コンビニで出ているので読んでいるのだが、最初の巻で物凄く以蔵を丁寧に描いていて、なんて残酷な描写なのだろうと思った。
 言わずもがな、以蔵とは人斬り以蔵。
 その後の武市半平太との関係や、彼の死に様を知っているだけに、以蔵がいきいきと描かれれば描かれるほど、作者の描きたい落差を感じ取り正直鳥肌が立った。
 この残酷さが原作の武田鉄也の持ち味なのか、漫画の小山ゆうの持ち味なのかと問われれば、小山ゆうだと思う。この人の漫画は基本的に垂直移動の漫画だ。小山ゆうは、人間の精神の上昇、下降を描きたがる。
 近年連載している「あずみ」はエンターテインメント性が強いが、それでもそういう部分の偏愛は残っているように思える。
 小山ゆうは壊れる人間が好きなのだと思う。もしくは人間が壊れるのが。人間は、上っても下がっても壊れる。
 物語とは人間の変化を描くものである。彼の描く物語が、どれもある種の暗さを持っているのは、その変化の好みが縦の変化だからだと思う。人間が落ちたり、垂直に上がっていくのが好き。
 エンターテインメントとしての横軸の変化は持ちつつ、その底でふつふつと上下の落差を偏愛する。小山ゆうという漫画家の暗さはそこに起因すると思う。
 小山ゆうの暗さは好きだ。そして何を書いてもそれが露呈するのが好きだ。以蔵のあまりにもいきいきした描写を見ながら、そんなことを考えた。
最新20件 (全て見る)

柳井が執筆した本や商品 他

顔貌売人
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

シリーズ第2弾。拙作小説が、文藝春秋より8月7日に発売されます。 詳細ページ
裏切りのプログラム
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

松本清張賞の最終候補に残った拙作小説(デビュー作)です。 詳細ページ
マンガでわかるJavaScript
マンガと解説で学べるJavaScriptのプログラム参考書。
詳細ページ
プログラマのためのコードパズル~JavaScriptで挑むコードゴルフとアルゴリズム
コードゴルフやアルゴリズム問題、その解説、関連知識の紹介を行った本です。
詳細ページ

サイト目次

PCソフト/Webアプリ/ゲーム

記事/マンガ

柳井の同人活動

開発

携帯・スマホ

アナログ・ゲーム

 
Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。