クロノス・クラウン - 記事検索

クロクロ ショップ 本、ゲーム、同人誌他を販売
クロクロ ツールズ 便利なWebアプリを多数収録
ソフトウェア
めもりーくりーなー Winのメモリーをお掃除するソフト
Novel Supporter 小説推敲補助ソフト
PCソフト 便利なソフトを多数公開
Webサービス 便利で楽しいサービス多数
レトロゲームファクトリー レトロゲーム移植会社のお仕事小説
#電書ハック 電子書籍編集部のお仕事小説
顔貌売人 IT系ミステリ
裏切りのプログラム IT系ミステリ
ゲーム
Little Bit War Switch向け高速RTS
TinyWar high-speed 1ステージ数分の8bit風RTS
EX リバーシ 変形盤面、ステージ多数
PuzzleAndGame.com ブラウザで遊べるパズルやゲーム
同人活動
るてんのお部屋 コミケなどで活動(DL販売
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HRP2/cronuscrown-22
2011年11月13日 18:29:31
ゲーム
 映画「ゲーム」のDVDを八月上旬に見ました。

 1997年の映画で、監督はデヴィッド・フィンチャー、脚本はジョン・ブランカトー他。主演はマイケル・ダグラス、客演はショーン・ペン、デボラ・カーラ・アンガー他。

 デヴィッド・フィンチャーの未見の監督作を埋めるために見ました。面白いことは面白かったのですが、ラストで「それはないなあ」と思うなど、脚本の緻密性に欠けるなと思いました。



● 人格改造RPG

 この映画を一言で言うならば「人格改造RPG」です。自己啓発セミナー的な人生否定+ロールプレイ。そういったことを、リアル・ゲームとして行う話です。

 主人公は超堅物の富豪で、弟からの誕生日プレゼントとして、富豪向けのリアル・ゲーム会社に登録します。

 そして、それがゲームなのか、詐欺なのか分からないという状態に置かれ、大変なことになります。

 雰囲気は非常によいのですが、こういった話は、脚本が難しいなあと思いました。そのことについて以下書きます。



● シナリオの必然性

 この手の「疑惑」を中心とした話は、物語の中での「ルール」に一貫性があり、そのルールの中で観客を「納得」させなければなりません。

 この「ルール」が現実社会に実際に存在する内容であるほど、納得度は高く、シナリオに共感できる可能性は高くなります。

 たとえば、スポーツ(野球やアメフト)のスキャンダルといった「疑惑」や、証券取引のインサイダーといった「疑惑」は、納得度が高いです。

 そこには、一般的なルールが存在して、その線に乗っているかどうかで、観客は納得度を測ることができるからです。

 しかし、現実に存在しない職業やファンタジー世界の中で「疑惑」を中心とした話を作る場合は注意が必要になります。

 作り手側が提示した「ルール」を観客が「正しい」と思って受け入れるかどうかで、まず躓きがあり、さらにそのルールの上での「正解」を、正解と感じるかどうかでさらに躓きがあります。

 そのため、慎重さに慎重さを重ね、さらにルールに明快さと繰り返し提示が必要になります。

 この映画では、その「ルール」設定が曖昧です。そもそも「ルール」が正しいのかどうかのところに「疑惑」を持って来ています。

 そのため、映画の終盤まで「正解がどちらか分からない」という疑惑を演出しているのですが、ラストが「どっちでもよかったのでは」と観客に思われてしまう躓きを生じさせています。

 こういった作品を作る場合は、ちょっと難しいなと思いました。



 以下、ネタバレありの感想です。



● ラストで「ないなあ」と思ったこと

 ラストで主人公が、ビルから飛び降り自殺をしたら、その下にマットがあって助かってハッピーエンドとなるのですが、演出的には派手で、絵作りも面白いのですが、それはないだろうと思いました。

 なぜそう思ったかというと、ビルの高さに対して、的となるマットが小さく、さらに、その的に落ちる場所から主人公が飛び降りるかどうかは、不確定要素が大きすぎるからです。

 正直言って「それはありえない」と思いました。興ざめでした。



● デヴィッド・フィンチャー

 これでようやく、「エイリアン3」(1992年)から、「ソーシャル・ネットワーク」(2010年)までの監督作品を全部見ました。

 独特のサスペンス系映画が多いので、新しい作品を見るのが楽しみな監督です。



● 粗筋

 以下、粗筋です(ミステリ系なので序盤だけ書いています。大きなネタバレはなし)。

 主人公は超堅物の富豪。彼は父親から受け継いだ資産を投資で運用して暮らしている。彼はかつて結婚していたがその結婚生活は破綻し、終止符が打たれている。

 ある日彼は弟からプレゼントして、あるゲーム会社のゲームへの参加権をもらう。そのゲームはリアル社会でのゲームで、登録すると、日常生活にゲームがやって来るという。

 主人公はその会社に行き、厳しい検査を受ける。そして不合格を告げられる。

 落胆しつつも主人公は日常生活に戻る。だが、その直後から奇妙なことが起き始める。不合格になったはずのゲームに、主人公は参加し始めたようなのだ。

 そして、そのゲームは、大掛かりな詐欺のように進んでいく。主人公はゲーム会社を調べに行くが、そこに会社はなかった。

 主人公は奇妙な「ゲーム」に巻き込まれて、徐々に生活を侵食されていく……。
最新20件 (全て見る)

柳井が執筆した本や商品

Web小説のための Novel Supporterで 超効率的に文章推敲する本
推敲箇所を可視化するソフトを使い、実際の小説の推敲手順を示した本。詳細ページ
レトロゲームファクトリー
過去のゲームを最新機用に移植する会社のお仕事小説。新潮社より発売中。詳細ページ
#電書ハック
電子書籍編集部のお仕事小説。文藝春秋より発売中。詳細ページ
顔貌売人 ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
シリーズ第2弾。文藝春秋より発売中。詳細ページ
裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
松本清張賞の最終候補に残った拙作小説(デビュー作)。詳細ページ
JavaScriptでリバーシゲームをつくろう
ライブラリを使わず、全コードを書いて、リバーシゲームを作るまでを徹底解説。詳細ページ
HTML5とJavaScriptで作る落ち物パズルゲーム 全コード
『テトリス』や『ぷよぷよ』に類似した落ち物パズルの全コードを掲載して解説した本。詳細ページ
レトロ風RPGフルスクラッチ開発 全コード
レトロゲーム風RPGの全コードを掲載して解説した本。詳細ページ

柳井が作成した動画講座