めもりーくりーなー Winのメモリーをお掃除するソフト
 
小説推敲補助ソフト「Novel Supporter
 
PCソフト 便利なソフトを100本近く公開
 
Webサービス 便利で楽しいサービス多数
『ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』シリーズ
1. 裏切りのプログラム 2. 顔貌売人
PuzzleAndGame.com ブラウザで遊べるパズルやゲーム
 
同人活動
るてんのお部屋 コミケなどで活動(DL販売

クロクロ ショップ 本、ゲーム、同人誌他を販売
 

クロクロ ツールズ 便利なWebアプリを多数収録
読み物
映画感想他 約800件
大人の社会科見学他 約30件
 

[大人の社会科見学]  国立天文台三鷹キャンパス

no link
2011/12/25(日) 14:11:58
 いつもの大人の社会科見学です。今回の参加者は、太郎さん、かざみみかぜさん、そして私です。

 9月27日、この三人で、国立天文台三鷹キャンパスに行ってきました。

 参加したのは「国立天文台ガイドツアー(重要文化財コース)」です。こういった見学ツアーは2011年6月から開始されたそうです。事前の申し込みで、解説付きの見学をさせてもらえます。

 というわけで、国立天文台三鷹キャンパスを色々と見て回ってきました。

□常時公開コース ガイドツアー

□三鷹キャンパスへの交通案内と構内地図

IMG_2377



● 蚊

 まず、最初に書いておかないといけないのは、蚊がすごいたくさんいたことです。足を物凄い勢いで刺されました。

 野原が多く、予算の都合で雑草を刈っていないから、虫が大量に生息しているそうです。

 もし参加する方がいれば、虫除けスプレーを事前に用意しておいた方がよいです。



● 天文情報センター 中桐 正夫氏

 案内してくれたのは、天文情報センターの中桐正夫さんです。

 年齢からして、定年近い、もしくは定年して、色々なことをしている感じの方でした。

 元々研究者の方なので、論文検索をすると情報が出てきます。

□論文relation - 中桐正夫氏

□J-GLOBAL - 中桐 正夫 【研究者】

 印象としては、大学の研究室の先生という感じです。というか、うちの研究室の先生を思い出しました。背も低かったので。

 こういった方に共通しているのですが、年を取っても、好奇心で目が輝いています。

 久し振りにこういった人を見たので嬉しかったです。



● 機材の発掘

 さて、紹介された諸々の機械群ですが、上記の中桐さんが発掘されたものだそうです。

 発掘というと大仰な感じがしますが、三鷹キャンパスの奥地に眠っていた機械を整理して引っ張り出してきたり、他の天文台で廃棄予定になったり、放置されていたものを引っ張ってきて展示可能にしたりしているそうです。

 というわけで、日本の各地に、まだ日の目を見ない歴史的遺物が大量にあるのだなあと実感しました。



● 敷地

 広いです。かなり広大です。以下、Googleマップの地図を貼り付けておきます。

□三鷹キャンパス - Googleマップ



● 観測ではなく解析

 この三鷹キャンパスですが、観測の役目は既に終わっているそうです。というのも、都心が膨張してこの近くまで来たせいで、明るくなり過ぎて観測できなくなったからです。

 では今何をやっているかと言うと、解析を行っているそうです。観測した場所から通信で送られてきたデータを、データ解析センターで解析しているそうです。

 周囲の状況と技術の進歩で、だいぶ役割が変わったのだなあと思いました。

 以下、見学した場所の感想です。



● 子午儀資料館(レプソルド子午儀室)

IMG_2384

 1880年製作の子午儀が保存されています。

□レプソルド子午儀、国立天文台初の国の重要文化財に指定

 これは、三鷹キャンパスを整理していたら出てきたとのことでした。

 なかなか格好よくてよかったです。

 あと、その構造上、この子午儀が入っている建物は天井が開きます。実際に開くところは見られないのですが、こういうギミックは燃えるなあと思いました。

 この子午儀や、後で出てくる子午環は、ちょっと説明が必要なのでWikipediaより解説を転載します。

□Wikipedia - 天文台 - 子午儀・子午環

<引用開始>
 歴史の古い天文台には、子午儀や子午環が設置されている所がある。子午儀とは子午線上(南北方向)にのみ向きを移動できるように作られた天体望遠鏡の一種である。

 子午儀で恒星の子午線通過時刻を計測することで、その恒星の赤経や子午儀の設置地点の経度を正確に求めることができる。

 また子午儀に目標天体の高度を測定する機能を付加した子午環を用いると天体の赤緯や観測地の緯度も測定できる。

 かつては標準時や暦の編纂のために子午儀・子午環は不可欠な装置であった。現代でも GPS や原子時計を用いて決められた測地系や時刻系の較正のために使われている。
<引用終了>



● 重力波望遠鏡(TAMA400)

 中は見ることができなかった(地下なので)のですが、場所と仕組みだけ教わりました。

□Wikipedia - TAMA300

 300mの筒と300mの筒を「くの字」型に直角に配置した装置だそうです。この中はレーザーが通っていて、それぞれの長さを絶えず観測しているそうです。

 そして、重力波が来て空間がひずむと、その長さが変わって重力波を検知できる仕組みだと教わりました。

 ただ、この300mの長さの重力波望遠鏡、100年に一度の頻度でしか検出ができないらしく、現在この10倍の長さ(3km)の重力波望遠鏡を作っているそうです。

 さすがに100年に一度では、論文も書けないので、どうしようもないでしょうし。

 ただ、その仕組みとギミックは面白いなあと思いました。SF的ネタで使えそうです。敵の襲来を重力波望遠鏡で検知したりとか、何となく格好良いです。



● ゴーチェ子午環室

IMG_2401

IMG_2402

IMG_2407

 ドーム状の建物で、天が開き、大砲みたいな望遠鏡が空を観測するというものです。望遠鏡は、車輪状の場所に取り付けられていて、180度近く回転します。

 案内してくれた中桐さんが、昔実際に下に潜り込んで観測していたそうです。1903年の日露戦争の年に購入されたそうです。

 1984年に観測を終えた後、10年ぐらいはCCDを付けて、クエーサーの精密位置を測る試みもしていたとのこと。

 先のレプソルド子午儀よりは新しいので、まだまだ使えそうな雰囲気でした。



● 天文機器資料館

IMG_2408

IMG_2418

IMG_2437

 自動光電子午環を配した建物です。ゴーチェ子午環室を3周りほど大きくした感じの場所です。

 仕組みは基本的に同じで、規模が大きく、そして電子化されているのが特徴です。

 天体の位置計測に使われていたそうです。

 ただ、稼働を始めて少し経った後の1989年に、ヨーロッパがヒッパルコスという人工衛星を打ち上げ、10倍以上の精度で観測をし始めたので、役割を終えたそうです。

 この場所には、中桐さんが各地から集めてきた、天文学関係の様々な機械が展示してありました。

 天文関係の機器は、物がでかいので、保存スペースも大変みたいでした。



● ビデオ閲覧

 最後は、屋内に入り、最新の試みの展示を見た後、宇宙のスケールの解説をビデオで見て終了でした。

 ALMA望遠鏡の模型なんかもありました。話は聞いていたのですが、やっぱり広いですね。

□ALMA望遠鏡

 あと、個人的にはTMTが期待大という感じでした。

 TMTは「Thirty Meter Telescope」の略です。口径30mの次世代超大型望遠鏡です。見ているだけで、ワクワクしてきました。

 2018年末の稼働開始が目標だそうなので、今から楽しみです。

□NAOJ TMT Project Office / 国立天文台 TMTプロジェクト室



● まとめ

IMG_2480

 なかなか楽しかったです。

 太郎さんとかざみさんは「準備が足りない」という感想を口にしていましたが、私は久し振りに大学のキャンパスに近い雰囲気が味わえて楽しかったです。大学の研究室は、あんな感じの場所だったので。

 というわけで、久し振りに研究室にも遊びに行きたいなと思いました。

 そんな感じの見学でした。
最新20件 (全て見る)

柳井が執筆した本や商品 他

顔貌売人
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

シリーズ第2弾。拙作小説が、文藝春秋より8月7日に発売されます。 詳細ページ
裏切りのプログラム
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

松本清張賞の最終候補に残った拙作小説(デビュー作)です。 詳細ページ
マンガでわかるJavaScript
マンガと解説で学べるJavaScriptのプログラム参考書。
詳細ページ
プログラマのためのコードパズル~JavaScriptで挑むコードゴルフとアルゴリズム
コードゴルフやアルゴリズム問題、その解説、関連知識の紹介を行った本です。
詳細ページ

サイト目次

PCソフト/Webアプリ/ゲーム

記事/マンガ

柳井の同人活動

開発

携帯・スマホ

アナログ・ゲーム

 
Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。