ソフトウェア
めもりーくりーなー Winのメモリーをお掃除するソフト
 
小説推敲補助ソフト「Novel Supporter
 
PCソフト 便利なソフトを100本近く公開
 
Webサービス 便利で楽しいサービス多数
ゲーム
TinyWar high-speed 1ステージ数分の、8bit風RTS。
 
EX リバーシ 変形盤面のリバーシ。ステージ多数。成績投稿可能。
 
PuzzleAndGame.com ブラウザで遊べるパズルやゲーム

クロクロ ショップ 本、ゲーム、同人誌他を販売

クロクロ ツールズ 便利なWebアプリを多数収録
同人活動
るてんのお部屋 コミケなどで活動(DL販売
 

[映画] 「アポカリプト」感想

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000V7SEW8/cronuscrown-22
2011/08/25(木) 06:22:08
アポカリプト [DVD]
 映画「アポカリプト」のDVDを五月中旬に見ました。

 2006年の作品で、監督はメル・ギブソン。脚本はメル・ギブソン他。主演はルディ・ヤングブラッドです。

 マヤ文明での壮絶な追跡劇を描いたアクション映画。時代考証とかはまあ置いておいて、緊迫感が延々と続く、なかなかハードな映画でした。



● アクション映画としての緊迫感

 この映画は、アクションとしての密度が非常に濃いです。逆に言うと、徹頭徹尾それだけで出来上がっている作品です。

 この映画では、序盤の舞台説明と予兆のシーンを除くと、延々と主人公に負荷が与え続けられます。

 主人公は絶えず追い立てられ、虐待を加えられていきます。そして終盤で覚醒してからは、追っ手を一人ずつ倒していきます。でもその間も、プレッシャーを掛け続けられます。

 この映画の流れの中心を一本貫いているのは、主人公の妻子の存在です。

 主人公は序盤、襲撃者から守るために、幼い子供と、臨月の妻を縦穴に隠します。その縦穴から脱出の手を断たれた妻子を救うことができるのか、というのが物語の大きな柱になっています。

 まあ何というか、相当無理目のチャレンジなのですが、映像マジックでそれを実現します。

 どこが映像マジックなのかと言うと、拉致されて数日掛けて連れて行かれた場所から、戻る時はかなり短時間で戻ってきます。

 映画を見ている時には、緊迫感で気付きませんが、終わってから考えると物凄い脚力です。

 まあ、アクション・メインの映画だし、これでいいのかなと思いました。



● 盛り上げポイントのずれ

 この映画を見ている時に思ったのは、少しずつ盛り上げポイントをずらしてくるなということです。

 たとえば映画の中盤の重要なシーンに「生贄のシーン」があります。このシーンで、少しカタルシスがあるのかなと思ったら、そこでは肩透かし的に主人公の爆発はなく、次のシーンに移行します。

 この映画には、かなりこういったシーンが多く、「ここで何かが起きるだろう」と思ったら、何も起きずに次のシーンに持ち越しというパターンが多いです。

 映画の総体としては面白かったのですが、こういった展開には、わずかに違和感を覚えました。



● 小さなドラマの主人公

 だいたいこの手の映画だと、主人公は個人的な地点から出発して、世界(社会)の重要な部分に波及する出来事に首を突っ込みます。

 この映画の中でも、そういったことを暗示させる予言のシーンが盛り込まれています。

 しかし、映画を最後まで見てみると、そういった飛躍の展開はなく、主人公はあくまでも家族のためだけに戦い続けます。

 最後に、社会全体に影響を与えるシーンが登場するのですが、それは主人公とは無関係に進みます。

 こういった部分も、前述の「盛り上げポイントのずらし」と同様に、ちょっと肩透かしを覚えた部分でした。

 まあアクションは、筋肉が緊張するようなハードなシーンが連続する映画でよかったのですが。



● ガントレット

 折り返しの地点での、脱出シーンはガントレットです。

 その内、ガントレット物でリストを作る時には、加えないといけない映画だなと思いました。



● 粗筋

 以下、粗筋です。

 主人公は森に住む若者。狩猟中心のこの村では、人々が和気藹々と暮らしていた。

 そんな彼らの村の近くを、謎の一団が通り過ぎる。彼らは一様に暗い顔をして、何かから逃げているようだった。

 数日後、主人公たちの村に襲撃者がやって来る。彼らは村を壊滅させ、男達を奴隷として連れ去る。主人公は父親を殺され、他の村人同様、奴隷にされた。彼は襲撃の際、身重の妻と幼い子供を縦穴に隠した。

 主人公たちは遠方へと行軍させられる。その奴隷の列には、村を通過した暗い顔の一団もいた。主人公は妻子のことが気になる。彼らが穴から脱出するには、救出者が必要だった。彼らは雨が降れば溺死してしまう。

 主人公たちは首都へと連行される。そこでは雨乞いのために毎日大量の生贄を捧げていた。彼らは生贄要員として連れてこられたのだ。

 村人たちはピラミッドの上で一人ずつ殺される。だが主人公は死から免れることができた。皆既日食が起き、生贄の儀式が終わったからだ。

 主人公たちは別の場所に連れていかれる。そして、軍隊の男達から一定の距離を逃げ切れば解放されると教えられる。

 主人公は仲間たちとともに逃げようとする。だが、村人たちは弓矢や槍で次々と殺される。主人公も負傷して倒れる。そこに止めを刺すために、隊長の息子がやって来た。

 主人公はその男を返り討ちにする。そして、怒りに狂った隊長とその部下たちに追いかけられることになる。

 主人公は自らの命を永らえさすために、そして妻子を縦穴から救うために、一路故郷を目指す……。
最新20件 (全て見る)

柳井が執筆した本や商品 他

Web小説のための Novel Supporterで 超効率的に文章推敲する本
推敲箇所を可視化するソフトを使い、実際の小説の推敲手順を示した本。 詳細ページ
レトロゲームファクトリー
過去のゲームを最新機用に移植する会社のお仕事小説。新潮社より発売中。 詳細ページ
#電書ハック
電子書籍編集部のお仕事小説。文藝春秋より発売中。 詳細ページ
顔貌売人
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

シリーズ第2弾。文藝春秋より発売中。 詳細ページ
裏切りのプログラム
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

松本清張賞の最終候補に残った拙作小説(デビュー作)。 詳細ページ
JavaScriptで
リバーシゲームをつくろう

ライブラリを使わず、全コードを書いて、リバーシゲームを作るまでを徹底解説。 詳細ページ
HTML5とJavaScriptで作る
落ち物パズルゲーム 全コード

『テトリス』や『ぷよぷよ』に類似した落ち物パズルの全コードを掲載して解説した本。 詳細ページ
レトロ風RPG
フルスクラッチ開発 全コード

レトロゲーム風RPGの全コードを掲載して解説した本。 詳細ページ
マンガでわかるJavaScript
マンガと解説で学べるJavaScriptのプログラム参考書。
詳細ページ
プログラマのためのコードパズル~JavaScriptで挑むコードゴルフとアルゴリズム
コードゴルフやアルゴリズム問題、その解説、関連知識の紹介を行った本です。
詳細ページ

サイト目次

PCソフト/Webアプリ/ゲーム

記事/マンガ

柳井の同人活動

開発

携帯・スマホ

アナログ・ゲーム

 
Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2019 Cronus Crown (c)1997-2019 Masakazu Yanai
ご意見・お問い合わせはサイト情報 弊社への連絡までお願いします
プライバシーポリシー