ソフトウェア
めもりーくりーなー Winのメモリーをお掃除するソフト
 
小説推敲補助ソフト「Novel Supporter
 
PCソフト 便利なソフトを100本近く公開
 
Webサービス 便利で楽しいサービス多数
ゲーム
TinyWar high-speed 1ステージ数分の、8bit風RTS。
 
EX リバーシ 変形盤面のリバーシ。ステージ多数。成績投稿可能。
 
PuzzleAndGame.com ブラウザで遊べるパズルやゲーム

クロクロ ショップ 本、ゲーム、同人誌他を販売

クロクロ ツールズ 便利なWebアプリを多数収録
同人活動
るてんのお部屋 コミケなどで活動(DL販売
 

[映画] 「英国王のスピーチ」感想

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007VYVIHC/cronuscrown-22
2013/10/10(木) 13:49:08
英国王のスピーチ
 映画「英国王のスピーチ」のDVDを2012年の4月に見ました。

 2010年の映画で、監督はトム・フーパー、脚本はデヴィッド・サイドラー、主演はコリン・ファースです。

 非常によい映画でした。そして、118分なのに、えらいあっという間に終わりました。これは素直にお薦めできる映画です。



● アカデミー賞を獲るべき作品

 この映画を見た感想は、「これはアカデミー賞を獲るべき作品だなあ」でした。実際、作品賞を獲っています。

 個人的に、アカデミー賞の作品賞は、過去の受賞作から、以下のような作品が獲って欲しいと思っています。

・お祭りとしての大作感があるもの。

・時代の風雪に耐えられるもの。

・ある時代や歴史を象徴的に切り取ったもの。

・普遍的な人間が描けているもの。

「英国王のスピーチ」は、上記の条件を全て満たしています。逆に少し前の作品で「ノーカントリー」「ハート・ロッカー」辺りは、何かちょっと違うという感じで、個人的には不満でした。

「ノーカントリー」の年は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の方が相応しいだろうと思いましたし、「ハート・ロッカー」の年は「アバター」の方がよいと思いましたので。

 でもまあ、アカデミー賞は、ハリウッドの内輪の互助賞なので、外で何やかや言っても仕方がないのですが。



● 個人の成功と世界のリンク

 この映画がよくできるのは、「卑小な個人」が努力して変わることで、「世界にリンクした話」になることです。

 主人公は、英国の王族ですが、弟であるために王は継がないだろうと目されている人物です。彼は吃音を抱えており、それを治すために評判のスピーチ矯正の専門家の許に通い始め、トレーニングを重ねます。

 そして、上手くいかなかったり、小さな成功で一喜一憂したりします。そういった悩みと喜びは、人間誰もが抱えるものです。

 そして、事態が急変します。兄が、恋を取り、王位継承権を捨てたために、主人公が王位を継ぐことになります。

 折しも第2次世界大戦前夜。ナチスドイツに対抗するために、王はラジオを通して語り掛け、国民を安心させ、勇気を与え、団結させなければなりません。

 しゃべることが苦手な自分が、果たしてそんな大役をできるのか。

 この映画の物語は、「私達個人の問題」と「世界の問題」が、上手くリンクしています。こういった話は、普遍的であり、面白く、そして感動できます。

 これは、題材選びで成功しているなと思いました。

 そして丁寧で上手い脚本だなと感じました。



● 歴史物としての楽しさ

 この手の映画の楽しさの1つは、その時代の空気の再現だと思います。

 この映画で面白いのは、主人公が王位継承一位ではないため、庶民の住む場所に、護衛を付けずに治療として赴くことです。

 おかげで、王族側と庶民側と2つのシーンが描けているのが、珍しかったです。



● 緊迫感とユーモア

 緊迫感とユーモア、その2つがこの映画にはあります。

 主人公が吃音を出すかどうかの緊迫感、王位を継がされる重圧の緊迫感、迫りくる戦争の暗雲に対する緊迫感。

 それと対をなすように、治療師の軽快でエキセントリックな飄々とした様子が面白いです。そして、ヘレナ・ボナム=カーター演じる奥さんの軽やかさも楽しいです。

 そういった環境の中で、必死に悩み、迷い、右往左往する主人公。どこか滑稽に見えながらも、それが必死さの表れだと分かるところに、親しみと愛情を感じさせられる。

 そんな等身大の主人公だからこそ、映画の最後にスピーチが成功した時に、観客は主人公に強い共感を抱き、祝福したくなる。

 映画のラストに、主人公に対して心からの拍手を送りたくなる、そういったよい映画でした。



● あらすじ

 以下、あらすじです。ネタバレあり。最後まで書いています。

 時は第二次大戦前夜。主人公は、英国王室の王位継承権二位の人物。彼は吃音に悩まされていた。

 多くの言語療法士の許に通ったが、彼の吃音はよくならない。そんな折、彼の妻が、市井で評判の治療師を探して、主人公が通うように取り計らった。

 その治療師はエキセントリックなやり方で、主人公は最初疑問を抱く。

 だが、心の垣根を取り払い、緊張をほぐしていくことで、徐々に上手くしゃべれるようになる。

 そんな主人公に、強烈なプレッシャーが圧し掛かって来る。以前から女性関係が奔放だった兄が、恋のため王位継承権を捨てたのだ。

 急遽王を継がなければならなくなった主人公は、その緊張で再び吃音に悩まされる。さらに第二次世界大戦が迫って来る。彼は王として、国民にラジオで語り掛ける必要が生じる。

 王となり、市井の人間とは距離を置くようになった主人公だが、治療師を呼び寄せる。そして緊張の中、国民のために勇気を持って語り掛けようとする。
最新20件 (全て見る)

柳井が執筆した本や商品 他

Web小説のための Novel Supporterで 超効率的に文章推敲する本
推敲箇所を可視化するソフトを使い、実際の小説の推敲手順を示した本。 詳細ページ
レトロゲームファクトリー
過去のゲームを最新機用に移植する会社のお仕事小説。新潮社より発売中。 詳細ページ
#電書ハック
電子書籍編集部のお仕事小説。文藝春秋より発売中。 詳細ページ
顔貌売人
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

シリーズ第2弾。文藝春秋より発売中。 詳細ページ
裏切りのプログラム
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

松本清張賞の最終候補に残った拙作小説(デビュー作)。 詳細ページ
JavaScriptで
リバーシゲームをつくろう

ライブラリを使わず、全コードを書いて、リバーシゲームを作るまでを徹底解説。 詳細ページ
HTML5とJavaScriptで作る
落ち物パズルゲーム 全コード

『テトリス』や『ぷよぷよ』に類似した落ち物パズルの全コードを掲載して解説した本。 詳細ページ
レトロ風RPG
フルスクラッチ開発 全コード

レトロゲーム風RPGの全コードを掲載して解説した本。 詳細ページ
マンガでわかるJavaScript
マンガと解説で学べるJavaScriptのプログラム参考書。
詳細ページ
プログラマのためのコードパズル~JavaScriptで挑むコードゴルフとアルゴリズム
コードゴルフやアルゴリズム問題、その解説、関連知識の紹介を行った本です。
詳細ページ

サイト目次

PCソフト/Webアプリ/ゲーム

記事/マンガ

柳井の同人活動

開発

携帯・スマホ

アナログ・ゲーム

 
Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2019 Cronus Crown (c)1997-2019 Masakazu Yanai
ご意見・お問い合わせはサイト情報 弊社への連絡までお願いします
プライバシーポリシー