めもりーくりーなー Winのメモリーをお掃除するソフト
 
小説推敲補助ソフト「Novel Supporter
 
PCソフト 便利なソフトを100本近く公開
 
Webサービス 便利で楽しいサービス多数
『ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』シリーズ
1. 裏切りのプログラム 2. 顔貌売人
PuzzleAndGame.com ブラウザで遊べるパズルやゲーム
 
同人活動
るてんのお部屋 コミケなどで活動(DL販売

クロクロ ショップ 本、ゲーム、同人誌他を販売
 

クロクロ ツールズ 便利なWebアプリを多数収録
読み物
映画感想他 約800件
大人の社会科見学他 約30件
 

[大人の社会科見学] 国会図書館

no link
2014/10/23(木) 13:26:11
 いつもの大人の社会科見学です。太郎さんと一緒に、永田町にある「国立国会図書館」に、4月18日に行ってきました。というわけで、感想です。

□ 国立国会図書館—National Diet Library



● 何度か利用している

 国立国会図書館は、すでに何度か利用しています。今回は、見学ツアーに申し込んでの訪問です。普通に行くのと何が違うかというと、書庫に入れるのですね。

 国会図書館は普通の図書館と違い、自分で書棚を見ながら本を探すことはできません。申し込み場所にずらっと並んだパソコンで本を注文して、カウンターで受け取ります。

 今日聞いた話では、4000万部ぐらい所蔵と言っていました。ですので、自分で探すのは不可能ですね。あと、面積も非常に広大なので、探すだけで日が暮れます。

□ 統計|国立国会図書館—National Diet Library
(蔵書数:3,943万946点/年間受入点数:104万2,082点)

 また、国会図書館では、館外に本を持ち出すこともできません。その場所で読むか、複写サービスを利用します。

 複写も自分ではできず、専門のスタッフに頼みます。古い本を壊してしまったりしないようにするための処置だそうです。



● 旧館

 90m×90mの広さだそうです。それで6階建て。こちらの書庫には、見学でも入ることはできないそうです。理由は、ぎゅうぎゅう詰めで、地震が起きると、本の雪崩で死人が出るからと。

 新館の書庫は、そういったことがないので大丈夫とのことでした。



● スタッフの数

 正規職員が850人ぐらいで、協力会社のスタッフ(受付とか)が200人ぐらいとのことでした。

 つまり、スタッフだけで1000人ぐらいいると。けっこうな規模だなと思いました。



● 新館地下の書庫

 今回の目的です。メインディッシュです。国会図書館の新館には、地下8階の巨大書庫があります。そこを見学してきました。

 ちなみにこの深さは、東京礫層(東京の地層の硬い部分。建物の基礎を打ち込む場所)の深さで決まっていると言っていました。ちなみに、地下8階の深さは30mほどあるそうです(1階当たり4m弱の計算)。

 その地下書庫に行く前に、靴覆いを渡されました。外部の土などを入れないためだそうです。それを履いて、エレベーターで地下深くに潜りました。

国会図書館


 地下書庫には、最下層から地上に突き抜けるようにして、吹き抜けがあります。その吹き抜けは一階まで続き、そこに明り取りの窓がありました。

 この場所は、光庭と言うそうです。地下の書庫で働くスタッフは、ずっと光が当たらない場所での仕事になるので、精神衛生上作っているとのことでした。確かに、穴ぐら暮らしは辛いです。

 地下書庫は本が傷むのを防ぐために、照明は控えめです。そのため、なおのこと光が恋しくなるのでしょうね。

 また、地下書庫には、光だけでなく水も制限があります。地下書庫にはトイレはないです。これは湿気対策だそうです。そのためトイレに行く際は、地上に移動する必要があるとのことでした。



● 新館地下の書庫2

 さて、見学した内容です。

 最初に見た地下8階は、新聞の階でした。新聞はもろいので、表紙を付けて、横向きに置くそうです。

国会図書館

国会図書館


 次に、少し階を上がって、マイクロフィルムのある階です。マイクロフィルムには、「マイクロフィッシュ」と「マイクロフィルム」の二種類がありました。

□ マイクロフィルム - Wikipedia

 マイクロフィッシュは、板状のマイクロフィルムです。「フィッシュ」はフランス語で、カードやシートといった意味だそうです。

□ fiche 日本語

 マイクロフィルムは、映画のフィルムに似た、ロール状のフィルムです。

 どちらも、館内にある専用の機械で見ます。



● 新館地下の書庫3

 最後に見たのは、雑誌類のある階でした。マンガなどの雑誌は利用が多いらしく、そういった理由からも、上の方の階にあるのかなと思いました。

国会図書館


 案内係の人は、古い日刊アルバイトニュースを見せてくれました。えっ、日刊……。一年で365冊……。でも、この手の資料は、雇用統計や動向を見るのに、"国会"図書館としては、非常に有用な資料です。そういった、普通とは違う視点で雑誌も見ます。

 そして最後に、週刊少年サンデーの棚に案内して、サンデーの創刊当時の本の現物を見せてくれました。

 かなり薄く(1cm弱ぐらい?)、9冊まとめて表紙を付けられていました。

 記事などで表紙は目にすることが多いのですが、厚みについて書かれることはほとんどないので新鮮でした。



● まとめ

 何度か行っている場所だしなあと思っていましたが、なかなか面白かったです。

 普段は入れない場所に潜り込むのは、楽しいですね。
最新20件 (全て見る)

柳井が執筆した本や商品 他

顔貌売人
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

シリーズ第2弾。拙作小説が、文藝春秋より8月7日に発売されます。 詳細ページ
裏切りのプログラム
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

松本清張賞の最終候補に残った拙作小説(デビュー作)です。 詳細ページ
マンガでわかるJavaScript
マンガと解説で学べるJavaScriptのプログラム参考書。
詳細ページ
プログラマのためのコードパズル~JavaScriptで挑むコードゴルフとアルゴリズム
コードゴルフやアルゴリズム問題、その解説、関連知識の紹介を行った本です。
詳細ページ

サイト目次

PCソフト/Webアプリ/ゲーム

記事/マンガ

柳井の同人活動

開発

携帯・スマホ

アナログ・ゲーム

 
Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。