めもりーくりーなー Winのメモリーをお掃除するソフト
 
小説推敲補助ソフト「Novel Supporter
 
PCソフト 便利なソフトを100本近く公開
 
Webサービス 便利で楽しいサービス多数
『ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』シリーズ
1. 裏切りのプログラム 2. 顔貌売人
PuzzleAndGame.com ブラウザで遊べるパズルやゲーム
 
同人活動
るてんのお部屋 コミケなどで活動(DL販売

クロクロ ショップ 本、ゲーム、同人誌他を販売
 

クロクロ ツールズ 便利なWebアプリを多数収録
読み物
映画感想他 約800件
大人の社会科見学他 約30件
 

[大人の社会科見学] 視察船「新東京丸」

http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/jigyo/shisatsusen/index.html
2010/08/23(月) 17:59:19
 六月二十九日に、太郎さんと一緒に、いつもの大人の社会科見学に行ってきました。

 今回行った場所は海の上。東京都港湾局の視察船「新東京丸」に乗って、東京湾を二時間かけて一周してきました。

□東京都港湾局 視察船「新東京丸」利用案内
http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/jigyo/shisatsusen/index.html

新東京丸01

 船の視察室は、なんだか豪華な内装で、真ん中に長大な丸テーブルがあり、どこの国会ゴジラ対策会議室だろうという感じでした。

 視察はなかなか楽しかったのですが、写真撮影には向いていませんでした。船の窓って、たいてい汚れていて分厚いので、そのガラス越しに写真を撮っても、あまり綺麗に写らないからです。

 また、船には小さなテレビカメラを持った、どこかの放送局のスタッフらしき人たちも数人乗り込んでいました。何か番組の素材で使うのかなと思いました。

内部の様子01



● 巡回コース

 東京湾をぐるっと回ります。

□東京都港湾局 新東京丸 視察コース
http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/jigyo/shisatsusen/course.html

 竹芝埠頭を出発して、レインボーブリッジの下をくぐり、品川埠頭、大井埠頭を抜け、廃棄物処分場(東京湾のど真ん中にでかでかと浮いている)の周囲を巡り、東京ディズニー・シーなどを見て、青海埠頭を通り、大井埠頭、品川埠頭、台場と戻り、晴海を見て竹芝まで戻ってきます。

 ちょうど、アラビア数字の9のような航跡を描いて一周します。

 さて、出発の竹芝小型船ターミナルですが、以前大島に泊まりに行った時の埠頭から、もう少し奥に行った場所でした。

 横にはインターコンチネンタルという大きなホテルがあり、その脇を通ると、竹芝小型船ターミナルに着きました。

□東京都港湾局 視察船「新東京丸」乗船及び下船場所
http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/jigyo/shisatsusen/takesiba-terminal_map.html

 ちょっと不思議だったのは、大通りに、新東京丸の看板が出ていたことです。ターミナルは、この船が着く場所一ヶ所しかありません。この埠頭は、他に何か役立っているのかなあと思いました。

 ターミナルには待合室も併設されていました。船自体の内装も立派だったので、広報向けにお金を投入しているのかなと思いました。

竹芝小型船ターミナル



● コンテナ埠頭

 見学の最初の目玉は、コンテナ埠頭群でした。ともかく全てが大きいです。

 私は知らなかったのですが、あのコンテナを吊り上げる巨大クレーンは、横にスライドして動くのですね。かなり大掛かりで壮観でした。

 また、案内の人が、埠頭に止まっている船を指して言った言葉も驚きました。あの船は、コンテナが船の上に五段見えていますが、下には、九段のコンテナが積まれています。

 船って、安定を考えれば、当然甲板よりも下に大量に荷物が積み込まれているのですが、外からは想像が付かなかったので驚きました。

 また、案内の人の話では、埠頭には、定期貸し出しと一般利用の二種類があるとのことでした。定期貸し出しは、一年などで会社に貸して、安定した利用料を徴収して、一般利用は使うたびに金額が発生するとのことでした。

コンテナ船01



● 廃棄物処分場

 東京湾の中央は、廃棄物処分場の埋立地になっています。

 これはちゃんとした島なのかなと思っていたのですが、案内の人の話では、中がスカスカだそうです。そのため、上にビルなどを建てたら、傾いたり沈んだりするとのことでした。

 なるほど、きちんとした埋立地として活用するには、単に埋めるだけではなく、加工のコストがかかるのかと思いました。



● トンネル

 東京湾には多くのトンネルがあります。その空気穴もいくつかの場所にありました。これは、私自身が車を使わないので、あまりぴんと来ませんでした。



● 橋

 作りかけの橋の紹介もありました。面白かったのは、東京側と千葉側でそれぞれ橋を作って、それを船で運んで、橋脚の上に載せて作ったという説明でした。

 橋を別の場所で作って、運んできて設置するというのは、あまりイメージしていなかったので新鮮でした。

船で運んできた橋01



● 浚渫船(しゅんせつせん)

 結構な数の浚渫船が稼働しているみたいでした。やたらと浚渫船に遭遇しました。

浚渫船01



● コンクリ製造工場

 実は、今回の見学で一番驚いたのはこれです。東京湾では、コンクリートの巨大な箱をたくさん作っているそうです。

 この、コンクリートの箱、中が中空になっているそうなのですが、何に使っているのか聞いて驚きました。

 一つ目の用途は、護岸工事です。伊豆の島嶼などに運んで、使うそうです。中が中空なので、コンクリートの巨大な箱は海に浮かびます。それを船で引っ張って運ぶそうです。

 なぜそんなことをするのかというと、東京で作った方がコストが安いから。コンクリートの箱を現地で作るために工場を設置するよりも、東京湾で一括で作って、船で運ぶ方が圧倒的に安いそうです。そりゃそうだ。

 想像していたよりも大掛かりな話で、なんだかSFみたいで面白かったです。

 二つ目の用途は、海底トンネルです。中が中空のコンクリの箱を海の底に沈めて並べて、その側面をくっつけて、そこに穴を開けるとトンネルになるそうです。

 図で描くとこんな感じです。

1.コンクリの箱を並べる

┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻
‾‾‾‾‾‾‾‾‾海底

2.コンクリの側面を取っ払う

┯┯┯┯┯┯┯┯┯
┷┷┷┷┷┷┷┷┷
‾‾‾‾‾‾‾‾‾海底

3.トンネルになる。

━━━━━━━━━
━━━━━━━━━
‾‾‾‾‾‾‾‾‾海底

 これも、かなり大掛かりで驚きました。世の中、自分が知らない、様々な建築手法があるんだなと思いました。



● 解説のおじさん

 実は今回一番凄かったのは、解説のおじさんです。二時間ぶっ通しでしゃべりっぱなしで、船が戻ってくると、ぴったりと話が終わりました。

 おじさんは、視界に入るものや、すれ違う船に対して、興味深いエピソードを次から次にしゃべりまくります。まさに生き字引。

 普通、こういった見学では、案内の人がある程度しゃべって、見学者が質問をするという感じなのですが、今回は本当に解説だけで終わりました。話の切れ目が一切なかったので。

 職人だなと思って感心しました。
最新20件 (全て見る)

柳井が執筆した本や商品 他

顔貌売人
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

シリーズ第2弾。拙作小説が、文藝春秋より8月7日に発売されます。 詳細ページ
裏切りのプログラム
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

松本清張賞の最終候補に残った拙作小説(デビュー作)です。 詳細ページ
マンガでわかるJavaScript
マンガと解説で学べるJavaScriptのプログラム参考書。
詳細ページ
プログラマのためのコードパズル~JavaScriptで挑むコードゴルフとアルゴリズム
コードゴルフやアルゴリズム問題、その解説、関連知識の紹介を行った本です。
詳細ページ

サイト目次

PCソフト/Webアプリ/ゲーム

記事/マンガ

柳井の同人活動

開発

携帯・スマホ

アナログ・ゲーム

 
Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。