めもりーくりーなー Winのメモリーをお掃除するソフト
 
小説推敲補助ソフト「Novel Supporter
 
PCソフト 便利なソフトを100本近く公開
 
Webサービス 便利で楽しいサービス多数
『ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』シリーズ
1. 裏切りのプログラム 2. 顔貌売人
PuzzleAndGame.com ブラウザで遊べるパズルやゲーム
 
同人活動
るてんのお部屋 コミケなどで活動(DL販売

クロクロ ショップ 本、ゲーム、同人誌他を販売
 

クロクロ ツールズ 便利なWebアプリを多数収録
読み物
映画感想他 約800件
大人の社会科見学他 約30件
 

[大人の社会科見学] 国会図書館

http://www.ndl.go.jp/index.html
2010/08/23(月) 19:17:51
 大人の社会科見学番外編です。八月二十一日に、大学の先輩のてへろくさんと、国会図書館に行ってきました。

□国立国会図書館-National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/index.html

 以前より面白そうな場所だと思っていて、周囲に「行った」という人が何人かいたけれど、実は訪れたことがなかったので遊びに行きました。

 そもそもの切っ掛けは、てへろくさんが、去年のモーニングを数号読みそこなったことです。「おかげで、続きを買っているのに読めねえ〜〜!」とずっと言っていたので、「じゃあ、国会図書館に一緒に行きましょう」ということで、行ってきました。

 国会図書館は、想像以上にカジュアルで、利用しやすい場所でした。何よりも、普通の図書館と違って、大量のマンガが読めることが驚きでした。それも、復刊するたびに入っているので、同じ本でも、違う版が選べます。

 というわけで、国会図書館がどんな感じだったかを書いていきます。



● 場所

 地下鉄「永田町駅」もしくは「国会議事堂前駅」で下車です。私は、半蔵門線の「永田町駅」で降りて、有楽町線の改札まで地下で移動しました。夏なので、地上を歩くのは暑そうだったからです。

□交通手段・アクセス
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/route.html

 駅を出ると、地図があり、すぐに場所は分かりました。



● システム

 普通のカバンは持ち込めません。ロッカーに預ける必要があります。筆記用具などは、中身が見える透明の袋やケースに入れて持ち込む必要があります。私は透明のファイルケースを持っていきました。

 また、カメラは禁止です。受付の手前でカメラを構えていると注意されました。館内の改札を通る前も撮影禁止のようでした。

 携帯電話はマナーモードにして持ち込み可能でした。ノートパソコンを持ち込んでいる人もいました。私は、アンドロイド端末で、色々と読みたい本のリストを、ネットから引っ張っていました。

 さて、館内に入るには、当日発行の登録カードを機械で発行します。これは病院の診察カードみたいなもので、「R4008」のようなアルファベットと数字が書いてあります。

 本や雑誌を借りる際は、コンピュータ(検索端末。大量にある)のモニタ横に置いてあるカードホルダーに登録カードを刺して、本を検索して電子申請します(単にクリックするだけです)。

カードホルダー01

 申請が終わると、申請した本によって、雑誌カウンター(新館)もしくは、図書カウンター(本館)に行き、本が届くのを待ちます。

カウンター01

 これは、病院の待合カウンターのようになっています。本が届くと、正面のモニターに登録カードの番号が表示され、本を取りに行きます。本は、だいたい20〜30分(混んでいない時は10分前後)で届きます。

 拍子抜けするほど簡単に本を借りられました。

 一度に借りられる本の冊数は、ネットを見ると10冊と書いてあります。

□資料の貸出 - 貸出冊数
http://www.ndl.go.jp/jp/library/service_lendout.html#shiryou_6

 現地では6冊や3冊という表記もあったような気がしたので、これは次回行く時にきちんと確かめないといけないなと思いました。



● 効率のよい借り方

 以下、自分がマンガを借りた時に思った効率のよい本の借り方です。

 だいたいマンガの単行本は1冊10分程度で読み終わります。そして、本が届くのは最大30分程度かかります。

 なので、3冊以上マンガを借りて、読み始める前に次の本を申請して、その本が届くまでの間に読むというのを繰り返すのが、いいかなと思いました。

 カウンターの前の椅子には、そういった借り方をしているような人たちが何人かいました。完全に、マンガ喫茶代わりになっていました。

 でも、マンガ喫茶と違って、絶版本が大量に読めるので、こっちの方がいいなと思いました。



● 自分が借りて読んだ本

 この日、私が借りて読んだ本は以下の通りです。

・特高月報

 戦前の特別高等警察の内部月次報告書。昭和5年(1930年)の3〜12月、同6年の1〜6月、7〜12月を借りました。読んだのは、昭和5年の3月のみ。

 マイミクのMURAJIさんが国立国会図書館に行って読んだという日記を書いていて、興味があったので目を通してきました。

 これは、この当時の話なんかを書く場合には、かなり使えそうな資料だなという感じでした。

 当時の共産党や民間団体が、どういったことをしていたのかが事細かく書いてあります。だいたい1月で100ページ以上の資料になっています。人名や組織図などもきっちりと入っているので、なかなか見ごたえがありました。

・訳注 藤原定家全歌集 上(久保田 淳)

 以前、定家を調べている時に興味があったのですが、一冊9000円という値段に負けて買えなかった本です。

 けっこう普通の体裁で、発行部数の少なさでこの値段になったのかなという感じでした。

・半魚人(楳図かずお)

 ペーパーバック系の薄い単行本。巻末に、掲載当時のことを楳図かずお本人が書いていました。ちょうど少年マンガに進出した頃で、マガジンで描いたそうです。

 当時、物凄く仕事が重なってしまい、絵を短時間で仕上げるために、なるべく横向きの顔にして、目を描く回数を減らしたというエピソードが書いてありました。

 内容は、かわいらしい絵なのに、途中から陰惨そのものになり、なかなか面白かったです。

・楳図かずおこわい本 (神罰) (楳図かずお恐怖文庫 (7)) (楳図かずお)

 肉面を見ようと思って借りました。短編集の1冊ですが、どの短編も面白かったです。

・餓鬼(ちばてつや)

 全2巻の中編です。連続殺人犯の若者の逃走劇なのですが、ラストが斜め上の展開で壮絶でした。伏線は十二分に張られていたけど、そう来るかと思いました。これは子供時代に見たら、トラウマになるなと思いました。

 実は、今回見たマンガは、ちょっと前にタケカワユキヒデが記事で薦めていて、まだ読んだことがなかった本でした。

 たまたまこういった「読みたい本リスト」があったのでよかったです。



● 次に行く時の対策

 国会図書館は、普通の図書館と違って、棚を見ながら何を読むかを決められるタイプの図書館ではありません。

 なので、予め「読みたい本リスト」を作っておく必要があります。

 次に国会図書館に行く時のために、読みたい本リストを整備しておかないといけないなと思いました。



● 気になった人

 投稿写真(雑誌)を山積みして、そのコピーを切り抜きながら、ずっと編集をしている人がいました。いったい、何の雑誌(同人誌?)を作っているのだろうかと思いました。

 また、週刊少年チャンピオンを山積みして、ひたすら目次を手書きで写している人がいました。こちらは、何かの目録を作っていたのでしょうか。だいぶ気になりました。



● 食堂

 本館六階に、売店と食堂があります。

□ふじ食堂 (コッカイトショカンショクドウ)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13040097/

 ここに、「国会丼」「新国会丼」という食べ物があります。

 というわけで、「新国会丼」を食べてみました。親子丼とカツ丼が1つになっており、グリーンピースが散らされていました。値段は600円。

 まあ、普通でした。ネタにはなるかなという感じでした。

新国会丼
最新20件 (全て見る)

柳井が執筆した本や商品 他

顔貌売人
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

シリーズ第2弾。拙作小説が、文藝春秋より8月7日に発売されます。 詳細ページ
裏切りのプログラム
ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬

松本清張賞の最終候補に残った拙作小説(デビュー作)です。 詳細ページ
マンガでわかるJavaScript
マンガと解説で学べるJavaScriptのプログラム参考書。
詳細ページ
プログラマのためのコードパズル~JavaScriptで挑むコードゴルフとアルゴリズム
コードゴルフやアルゴリズム問題、その解説、関連知識の紹介を行った本です。
詳細ページ

サイト目次

PCソフト/Webアプリ/ゲーム

記事/マンガ

柳井の同人活動

開発

携帯・スマホ

アナログ・ゲーム

 
Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。