クロノス・クラウン - 記事検索

クロクロ ショップ 本、ゲーム、同人誌他を販売
クロクロ ツールズ 便利なWebアプリを多数収録
ソフトウェア
めもりーくりーなー Winのメモリーをお掃除するソフト
Novel Supporter 小説推敲補助ソフト
PCソフト 便利なソフトを多数公開
Webサービス 便利で楽しいサービス多数
レトロゲームファクトリー レトロゲーム移植会社のお仕事小説
#電書ハック 電子書籍編集部のお仕事小説
顔貌売人 IT系ミステリ
裏切りのプログラム IT系ミステリ
ゲーム
Little Bit War Switch向け高速RTS
TinyWar high-speed 1ステージ数分の8bit風RTS
EX リバーシ 変形盤面、ステージ多数
PuzzleAndGame.com ブラウザで遊べるパズルやゲーム
同人活動
るてんのお部屋 コミケなどで活動(DL販売
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009S09I9W/cronuscrown-22
2013年09月05日 22:16:06
ブラック・スワン
 映画「ブラック・スワン」のDVDを去年の2月に見ました。

 2010年の映画で、監督はダーレン・アロノフスキー、原案はアンドレス・ハインツ、脚本はマーク・ヘイマン他。主演はナタリー・ポートマンです。

 いやあ、面白かった。そして、痛そうでした。



● 監督ダーレン・アロノフスキー

 監督のダーレン・アロノフスキーは、ミッキー・ローク主演の「レスラー」(2008)、マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベイルの「ザ・ファイター」(2010)の監督です。

 いい監督です。無駄な虚飾のないタイトな雰囲気で、今後の映画も楽しみだなと思いました。



● ナタリー・ポートマンが壊れそう

 「壊れそう」というか、途中からどんどん壊れていく。

 本作は「母親の支配下にあるバレエ娘が、白鳥の湖の潔白なホワイト・スワンと官能的なブラック・スワンの二役を演じることになる。そして、ブラック・スワンのためのトレーニングをしている内に、今まで蓋をしていた感情が溢れて、人格が分離し、変容していく」というお話です。

 その難しい役を、ナタリー・ポートマンが演じています。26〜27歳ぐらいの頃に演じた映画だと思いますが、十代後半の無垢な繊細さから始まり、そこを脱して狂気に身を落とすまでを一人で見せてくれます。圧巻です。

 アカデミー賞で、2011年度の主演女優賞を獲ったのも頷けます。納得の一本です。



● 母子対決

 この映画には、いくつか対立軸が用意されています。その一つが母親と娘です。

 娘を完全に支配しようとする母親。その支配下にあり、無垢な少女のままで居続ける少女。そのストレスで、少女は自傷を続けています。

 しかし、ホワイト・スワンとブラック・スワンを同時に演じることが決まり、ブラック・スワンの側面を身に付けていくことで、徐々に母親と対立し始めます。

 それは内に向いていた爆発や暴力を、外に向けることでもあります。

 この暴力が、かなり痛さを感じる表現で映像化されています。まあ何というか、生爪を剥がすところを眼前に突き付けられるような映像表現です。

 なので「うへえ」と言いながら、顔を背けそうになりながら映画を見ました。

 この映画のジャンルが「サイコスリラー」というのも頷けます。



● 性的快楽と妄想

 もう一つの対立軸が、少女と女です。無垢で自慰すらしたことのなかった主人公が、ブラック・スワンを演じるにあたって、官能さが足らないということで、自慰することを宿題として義務付けられる。

 また、フェロモンぷんぷんのライバルと関わっている内に、麻薬と性体験を経て、女へと脱皮していく。

 快楽を知り、妄想の世界が広がり、徐々に自我が目覚めていく。

 この変化も、この映画の大きな魅力でした。



● パーフェクトブルー

 この映画は、今敏の「パーフェクトブルー」(1998)との関連を指摘されたりしましたが、「まあほとんど関係ないなあ」というのが正直な感想です。

 一応どちらも見ましたが、表現したい内容も、表現手法も、方向性がまるで違うと感じました。



● ウィノナ・ライダー

 ナタリー・ポートマンに主役を取られる老バレリーナ役がウィノナ・ライダーです。

 なるほど、そういうポジションかと、色々と思うところがありました。



● 粗筋

 以下、粗筋です(終盤開始ぐらいまで書いています。結末は書いていません)。

 主人公は母子家庭の少女。彼女はバレエをやっており、自分の殻を破れないでいる。

 ある日、主人公は白鳥の湖の主役に抜擢される。その主役は潔白なホワイト・スワンと官能的なブラック・スワンを演じる必要があった。

 ホワイト・スワンは問題なかったが、ブラック・スワンは、彼女の中に引き出しがない。主人公は、監督にそのことを指摘され、自分の中から官能の要素を引き出すことを命ぜられる。

 また、性的に奔放なライバルを意識することで、自分にその面が不足していることを自覚する。

 主人公は、肉体の解放を経験することで、徐々に母親から自立する精神を芽生えさせる。彼女は母親と対立する。また、ライバルと夜遊びに行き、麻薬を経験し、処女を失い、女として変貌していく。

 彼女はブラック・スワンの演技を物にする。

 そして公演の日が来た。だが、急激な変化と重圧は主人公の心を蝕んでいた。彼女は鬼気迫る演技で観客を魅了する。しかし舞台裏で、その狂気は吹き荒れる暴力として彼女の肉体と精神を蝕んでいた……。
最新20件 (全て見る)

柳井が執筆した本や商品 (全て見る

マンガでわかるJavaScriptのPromise
JavaScriptのPromiseをマンガで解説。無料。
レトロ風RPG 全コード
JSのレトロゲーム風RPGの全コードを掲載&解説。
タワーディフェンス 全コード
JSのタワーディフェンスの全コードを掲載&解説。
レトロゲームファクトリー
過去のゲームを最新機用に移植する会社のお仕事小説。新潮社より発売中。
#電書ハック
電子書籍編集部のお仕事小説。文藝春秋より発売中。
顔貌売人 ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
シリーズ第2弾。文藝春秋より発売中。
裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
松本清張賞の最終候補に残った拙作小説(デビュー作)。

サイト目次

PCソフト/Webアプリ/ゲーム

記事/マンガ

柳井の同人活動

開発

携帯・スマホ

アナログ・ゲーム

Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2022 Cronus Crown (c)1997-2022 Masakazu Yanai
ご意見・お問い合わせはサイト情報 弊社への連絡までお願いします
プライバシーポリシー