第8話:配列

第1部 JavaScriptプログラミングの基本

目次

マンガ










マンガ台詞

【1Page】
先生:前回はループ処理 を教えた
    今回は そのループ処理を 200%活用する 方法を紹介する
先生:それじゃあ クラス全員の名前を 100回ずつ 表示してみろ
遊:まかせて!
        for (var i = 0; i < 100; i ++) {
            document.writeln("足立");
        }
        for (var i = 0; i < 100; i ++) {
            document.writeln("安藤");
        }
        for (var i = 0; i < 100; i ++) {
            document.writeln("内木");
        }
        :
    面倒だ!
    やってられるか!
【2Page】
先生:そうだろうな
遊:えっ?
先生:実は こういう時に 便利な方法がある それが『配列』だ
3人:配列?
先生:『配列』(Array)は 変数をまとめて 作る方法だ
        var aArray = new Array(30);
    こう書くことで 配列を作ることができる
    変数『aArray』に 30個の要素を持った 配列を入れる
    という意味だ
【3Page】
先生:この配列に 値を入れれば 短く書ける
    試しに 書いてみよう
        var nameArray = new Array(30);
        nameArray[0] = "足立";
        nameArray[1] = "安藤";
        nameArray[2] = "内木";
        :
        for (var i = 0; i < nameArray.length; i ++) {
            for (var j = 0; j < 100; j ++) {
                document.write(nameArray[i] + " ");
            }
        }
    足立 足立 足立 足立 足立 足立 足立 足立 足立 足立 足立 …… 
    安藤 安藤 安藤 安藤 安藤 安藤 安藤 安藤 安藤 安藤 安藤 …… 
    内木 内木 内木 内木 内木 内木 内木 内木 内木 内木 内木 …… 
    木村 木村 木村 木村 木村 木村 木村 木村 木村 木村 木村 …… 
    工藤 工藤 工藤 工藤 工藤 工藤 工藤 工藤 工藤 工藤 工藤 …… 
先生:それじゃあ プログラムの 説明をするぞ
    『aArray』の後の 『[数字]』は 何番目の要素かを 指定するものだ
        nameArray[0] = "足立";
        nameArray[1] = "安藤";
        nameArray[2] = "内木";
【4Page】
守:最初の要素が 『0』になっていますけど 『1』じゃないんですか?
        nameArray[0] = "足立";
先生:いいところに気付いた プログラムでは 数字は『0』から始まる
    30個の要素が入った 配列を作ると それぞれの要素を指す数字は 0から29になる
遊:変なの
先生:あと 『aArray.length』 も説明しよう
    これは配列内の 要素の数を表す
        for (var i = 0; i < nameArray.length; i ++) {
【5Page】
先生:だいぶ 短く書けるように なっただろう
遊:そうね
    でも 配列を作る のが面倒ね
    もっと楽をしたいわ
先生:その気持ちは大切だ
    簡単に書く方法も紹介しておこう
        var nameArray = new Array("足立", "安藤", "木村", …);
    もっと簡単に 書きたいならこうだ
        var nameArray = ["足立", "安藤", "木村", …];
遊:楽になったわ!

説明

この章では、『配列』について学びます。

プログラムでは、前回学んだ『ループ処理』のように、何度も同じような処理を行うことが多いです。たとえば、クラスの全員の名前を出席簿順に並べた表を印刷したいとします。これは、出席番号の数値と、名前の文字列を出力することの繰り返しです。

また、出席簿の一覧を出力する処理は、お誕生日会の出席簿や、遠足の出欠表などを出力する際に、同じ表を活用できると便利です。そういった際に、その都度生徒の名前をプログラムとして書くのは面倒です。できれば1回だけ書いて、あとはそのデータを利用したいものです。

プログラムではこういった、出席簿のようにリストになったデータを、簡単に、そしてシンプルに書く方法が用意されています。それが『配列』です。

それでは以下、『配列』について解説していきます。

『配列』

『配列』の基礎知識

『配列』は、内部に変数をいくつも格納した、特殊な変数のことです。変数が『箱』だとすると、『配列』はその箱がいくつも入った『引き出し』のようなものだと考えるとよいでしょう。

 以下、『配列』を取り扱う時の基礎的な知識を紹介します。

『配列』の内部の変数のことを『要素』と呼びます。

『配列』は、『new Array(内部の変数の個数)』という命令で作ります。『配列の変数名[参照する変数の番号]』というように指定すれば、その『配列』の『要素』(配列内の変数)に、値を格納したり、取り出したりすることができます。この時、『[~]』内に指定した数字のことを、『配列の添え字』と呼びます。

var nameArray = new Array(3);
nameArray[0] = "足立";

また、『配列変数名.length』とすることで、配列の要素数(配列内の変数の数)を知ることもできます。

nameArray.length;

『配列』の使用例

以下、簡単な例を示して説明していきます。

たとえば『var nameArray = new Array(30);』というように、30個の要素を持った配列変数『nameArray』を作成したとします。この場合には、『nameArray[0]』とすることで、0番目の変数を利用することができます(プログラムでは、数字は『1』からではなく、『0』から始まります)。この場合、『nameArray.length』の値は、内部に30個の変数が格納されているので『30』となります。

『配列』のこういった仕組みを利用すれば、『[~]』内の数字を1ずつ変えていくことで、配列内の全ての変数を利用することができます。

for (var i = 0; i < nameArray.length; i ++) {
    document.write(nameArray[i] + " ");    // 『0』から『29』までの30個の変数が参照される
}

それでは以下、さらに詳しく『配列』について学んでいきます。

参考

『配列』の様々な作り方

『配列』は、以下のようにして作れます。

var nameArray = new Array(3);
nameArray[0] = "足立";
nameArray[1] = "安藤";
nameArray[2] = "内木";

また、以下のような方法でも作ることができます。これは、先に示したプログラムと同じ『配列』が作成されます。

var nameArray = new Array("足立","安藤","内木");

var nameArray = ["足立","安藤","内木"];

var nameArray = [];    // 中身が空の配列を作る
nameArray[0] = "足立";
nameArray[1] = "安藤";
nameArray[2] = "内木";

それぞれ、『配列』の1番目の『要素』に『足立』が、2番目の『要素』に『安藤』が、3番目の『要素』に『内木』が入ります。

また、それ以外の方法として、『.split()』という命令を使うことでも、『配列』を作ることができます。

var name = "足立,安藤,内木";
var nameArray = name.split(",");    // 『,』で分割して配列に

初期化サイズよりも大きな値の指定

JavaScriptでは、初期化した配列の大きさよりも、大きな数字を指定した場合は、自動でそのサイズまで『配列』が大きくなります。

var nameArray = new Array(3);
alert(nameArray.length);    // 『3』と表示

nameArray[5] = "近藤";
alert(nameArray.length);    // 『6』と表示(0~5までの『要素』があるので合計6となる)

上記の例では、『nameArray[5] = "近藤";』とすることで、『配列』の5番目の『要素』の値を設定しています。こうすることで、まだ存在しない3番目の『要素』から、5番目の『要素』までが、新規に作成されました。

『5番目の要素まである』ということは、『0~5』までの『要素』が存在していることになります。そのため、『6』つの『要素』が配列内にあるということになります。

このような内部処理が行われた結果、2回目に表示した『nameArray.length』の値は、『6』に変化しました。

『多次元配列』の作り方

『配列』は、内部に別の『配列』を入れ子にすることができます。こういった配列のことを『多次元配列』と呼びます。

『多次元配列』は、以下のように作ります。

var nameArray = new Array(2);

nameArray[0] = new Array(3);
nameArray[0][0] = "足立";
nameArray[0][1] = "安藤";
nameArray[0][2] = "内木";

nameArray[1] = new Array(3);
nameArray[1][0] = "木村";
nameArray[1][1] = "工藤";
nameArray[1][2] = "近藤";

『nameArray[0] = new Array(3);』のようにして、『配列』の中に、『配列』を入れているわけです。

配列の入れ子が1つの『多次元配列』は、『2次元配列』と呼ばれます。

上記の『2次元配列』は、以下のように簡略化して書くことができます。

var nameArray = [["足立","安藤","内木"], ["木村","工藤","近藤"]];

『多次元配列』の値にアクセスする際は、『nameArray[1][2]』のように『[~]』を並べて書きます。

var nameArray = [["足立","安藤","内木"], ["木村","工藤","近藤"]];
alert(nameArray[1][2]);

この場合は、『近藤』と表示されます。

nameArray[0] nameArray[1]
nameArray[ ][0] 足立 木村
nameArray[ ][1] 安藤 工藤
nameArray[ ][2] 内木 近藤
参考

『配列』操作

『配列』の操作の中から、特によく使うものを紹介します。

以下、説明中の『a』『b』『c』は下記の配列とします。

var a = ["aa","bb"];
var b = ["EE","FF"];
var c = [1,5,7,3];

よく使う命令

意味 使い方 説明
.length 配列の要素の個数 x = a.length; 変数『x』に『2』が入る
.push(array) 配列を末尾に追加 a.push(b); 変数『a』が『"aa","bb","EE","FF"』になる
.push(値) 値を末尾に追加 a.push("cc"); 変数『a』が『"aa","bb","cc"』になる
.unshift(array) 配列を先頭に挿入 a.unshift(b); 変数『a』が『"EE","FF","aa","bb"』になる
.unshift(値) 値を先頭に挿入 a.unshift("cc"); 変数『a』が『"cc","aa","bb"』になる
.pop() 末尾の要素を削除 a.pop() 変数『a』が『"aa"』になる
.shift() 先頭の要素を削除 a.shift() 変数『a』が『"bb"』になる
.concat(array) 連結した配列 x = a.concat(b); 変数『x』に『"aa","bb","EE","FF"』が入る
.sort() 小さい順に並び替える c.sort(); 変数『c』が『1,3,5,7』になる
.reverse() 逆向きに並び替える c.reverse(); 変数『c』が『3,7,5,1』になる
.join("文字列") 配列を文字列で連結 x = a.join("/"); 変数『x』に『aa/bb』が入る
.toString() 配列を文字列にする x = a.toString(); 変数『x』に『aa,bb』が入る

さらに詳しい演算子の説明は、以下を参考にしてください。

参考

以下、中級者以上向け。

サンプルの入手

以下は、今回出てきたサンプルです。

ZIPでまとめてダウンロード (右クリックから保存してください)

sample1.html』(クラス全員の名前を100回)を表示

sample1b.html』(短く表記)を表示

sample1c.html』(さらに短く表記)を表示

プログラムの中身を見たい場合は、それぞれのHTMLファイルをブラウザで開いたあと、右クリックをして『ソースの表示』を選択してください。

メモ帳で、ファイルの中身を見ることができます。

Cronus Crown(クロノス・クラウン)のトップページに戻る
(c)2002-2017 Cronus Crown (c)1997-2017 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 弊社への連絡
までお願いします。